みちのく瓦版

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪夏の陣で七手組が出撃していれば?

znza


1: 戦国オタク 2010/09/06(月) 17:23:51 ID:bwW71Nf4
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/b/be/%E5%A4%A7%E5%9D%E5%A4%8F%E3%AE%E9%A3.png

http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/photos/kassenzu/oosakanatunozinfuzinnzu.jpg

上記の布陣ですが。各部隊の戦力は豊臣方
真田信繁本隊三千五百、与力二千、計五千五百。毛利勝永六千五百。
大野治房四千六百。速水守久隷下七手組一万四千六百。

徳川方
松平忠輝九千、松平忠直1万五千、井伊直孝三千。藤堂高虎四千五百、
本多忠朝五千五百、榊原康勝五千四百、酒井家次五千三百、
前田利常以下二万。徳川家康一万五千、徳川秀忠二万三千、徳川義直一万五千。

史実に沿った戦闘経過。
天王寺口では五月七日正午毛利勝永隊と本多忠朝隊と戦闘、毛利隊は本多隊撃破、
ついで第二陣榊原康勝隊、第三陣酒井家次隊をも撃破、家康本陣に突入。
真田信繁隊は松平忠直隊と激戦の末これを突破、家康本陣に突入。
岡山口では大野治房隊と前田利常隊が戦闘、井伊直孝、
藤堂高虎両隊は家康救援のため戦線離脱。大野治房は自軍の一部を秀忠本陣に突入させた。

七手組は秀頼の参陣をまって出撃予定であったが秀頼は来ず待機のままであった。
信繁家康本陣突入時、速水守久久が自己の判断で家康本陣に突入していれば家康は
討ち取られ、その後、速水守久隊、毛利勝永隊、真田信繁隊、大野治房隊が
秀忠本陣に突入すれば、家康討ち死にで志気の低下した徳川軍は撃破可能だったろう。
その後は徳川軍は一旦退き体制の立て直しを策したろう。
豊臣恩顧の外様集は秀頼に帰参したろう。


続きを読む

| 日本史・江戸 | 21:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

女「三国志?知ってるよw」俺「好きな武将は?(どうせ趙雲か姜維だろ…)」

hhd


1: 無名武将@お腹せっぷく 2014/09/11(木) 23:40:11.42
女「馬謖かな。諸葛亮に認められるほどの才能があったし実戦経験さえ詰めば名将に育ったと思う。
城を攻めずに心を攻めろって見事な進言してるし山頂布陣にしても蜀と魏の戦力差を考えれば冷静さを保てなくても仕方ないよね。
諸葛亮の人選ミスであって馬謖が無能とは決して思えないの。
馬謖と諸葛亮は親子のような関係だったから諸葛亮は馬謖を過大評価しちゃったんだよね。
でもだからって私は馬謖が無能とは思えないよ。
生まれた時代が悪かっただけ。
もっと蜀に武将を育てる地盤があれば馬謖はもっと」

俺「お、おう」

続きを読む

| 三国志 | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな志士は嫌だ 

htrar


1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/03/14(日) 00:07:00
死ぬまで寝小便が直らなかった坂本龍馬。

続きを読む

| 歴史・面白ネタ | 01:00 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

妖怪の歴史について語ろう

fdafvb


1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/05(土) 21:22:54
一反木綿!!



         __
       ヽ|'A`|ノ_
         、_し ⌒ー'

続きを読む

| 妖怪 | 23:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

平安時代の野球にありがちなこと

hgsjh
1: 名無しさん@おーぷん 2015/11/10(火)12:14:22 ID:Y6J
試合が終わる度に監督が一首詠みあげる

続きを読む

| 歴史・面白ネタ | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

四国の戦国大名について語ろう その2

szvfhbs

その1

続きを読む

| 日本史・戦国 | 17:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

古代エジプト・ツタンカーメン王のナイフが隕石で出来ていたと判明

rqwgwe


1: リサとギャスパール 2016/06/03(金) 00:37:19.91 ID:CAP_USER9
1922年にピラミッドの墓が発掘され、世界的に知られることになった古代エジプトの王ツタンカーメン。
その発掘品の中にあった王愛用のナイフが、地球外からの物質で出来ていることが最近の科学調査でわかった。

http://onlinelibrary.wiley.com/store/10.1111/maps.12664/asset/maps12664.pdf;jsessionid=9D09FC2DDF0CF98F7498BC1EE9338695.f03t04?v=1&t=ioyfuqzt&s=bdfcadebea209bc8fdd7253b3e3261ca6ffe144d

●3,300年間錆びないナイフ
そのナイフは、発掘されたツタンカーメン王のミイラと共に埋葬されていた2つのもののうちの1つ。
1つめのナイフの刃は純金製だが、問題の2つめのナイフの刃は主に鉄でできており、柄に金と水晶が使われている。
また、この鉄のナイフは王が常用していたものらしく、エジプトの半獣神の装飾を施した皮の鞘がついていた。(下の写真)

http://irorio.jp/wp-content/images/uploads//2016/06/01.jpg

これまで科学者にとって、この鉄のナイフは大きな謎だった。ツタンカーメン王の時代、エジプトで鉄器が作られることはほとんどなかったからだ。
また、作られてから3,300年以上経った今でも、このナイフには錆がまったく出ていないらしい。

●元素構成が隕石に一致
問題のナイフを、イタリア・ピサ大学の研究者が蛍光X線元素分析機にかけてみたところ、元素構成が隕石と一致することが分かった。
鉄、ニッケル、コバルトの割合が、当時エジプトに落下した隕石とまったく同じだという。

研究者たちはエジプト周辺の半径2,000kmの地域に落下した過去の隕石を調べてみた。
(これまでに見つかった隕石はどうやら保存されているらしい)その中に鉄を主体とする隕石は20あり、エジプトの港町メルサマトルーで16年前に見つかった1つと、ナイフの元素構成がピタリと一致した。

西洋文明が栄える遥か以前に、古代エジプト人は地球外の物質が空から降ってくることを知っていて、しかもそれを利用していたと考えるしかない。

http://irorio.jp/sophokles/20160602/324869/
06/02/2016 07:00 pm

続きを読む

| 世界史 | 01:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

歴史通「旧日本軍クズ多すぎワラタ」 ワイ「例えば誰?」

dfsvbdb
1: 風吹けば名無し 2016/05/29(日) 12:14:48.95 ID:zbrjS7Md0NIKU
歴史通「牟田口」

こいつらいつも牟田口挙げてんな

続きを読む

| 日本史・第二次大戦 | 23:00 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

四国の戦国大名について語ろう その1

fhh

続きを読む

| 日本史・戦国 | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

家康にもっとも早く走った大名は?

dfsb fsd
1: 人間七七四年 2008/09/26(金) 01:49:24 ID:qDu+p0nt
豊臣いらね、猿いらね
って感じに秀吉末期から早くも家康に鞍替えしていった
大名達を語るスレ

続きを読む

| 日本史・戦国 | 17:00 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

袁紹って無能なの?

bbbbbbbbbbb
1: 無名武将@お腹せっぷく 2011/11/28(月) 13:32:28.75
やっぱ無能かな?

続きを読む

| 三国志 | 01:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【越中】神保氏を語ろう【紀伊】

hnckf

1: 人間七七四年 2007/09/27(木) 03:21:11 ID:ppzTSM4W.net

畠山氏の被官ながら明応の政変で都を追われた足利義稙を助けたりと活躍しながら、
戦国期には一族が諸派に分かれて分裂し、
結局は大名家として残れなかった神保氏や越中の戦国模様、その他周辺人物を語りましょう。





続きを読む

| 日本史・戦国 | 23:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【歴史】秀吉「安国寺恵瓊を丁重にもてなせ」 毛利氏との交渉、書状発見

adga
1: シャチ 2016/06/03(金) 19:43:46.68 ID:CAP_USER9
羽柴(豊臣)秀吉が、戦国大名毛利氏側の交渉役を丁重にもてなすよう家臣に指示する書状が見つかり、
所蔵していた滋賀県長浜市の住民が3日、市に寄託した。書状が出されたころ、秀吉と毛利輝元との間で
領土交渉が進んでおり、専門家は「交渉過程を知り得る貴重な資料」だとしている。

 長浜城歴史博物館(長浜市)によると、書状は「羽柴秀吉書状 伊藤与左衛門尉(よざえもんのじょう)宛」
(縦26・3センチ、横41センチ)。天正11(1583)年6月21日の日付があった。毛利氏の交渉役の
僧安国寺恵瓊(えけい)をもてなす▽帰国の際は高槻(大阪府)まで準備した馬3頭で送る
▽高槻から先の手配も怠らない――ようにと指示している。

 秀吉は、本能寺の変があった82年から、毛利氏と備中(現岡山県西部)などの毛利領国の割譲について協議し、
85年に決着した。この交渉過程で恵瓊が京都を訪れていたとみられる。翌7月に秀吉と恵瓊が堺で会ったことは
わかっていたが、6月の交渉は他に確認できていないという。

朝日新聞デジタル 6月3日(金)18時50分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160603-00000040-asahi-soci
毛利氏の交渉役をもてなすよう指示した秀吉の書状=長浜城歴史博物館提供
http://amd.c.yimg.jp/amd/20160603-00000040-asahi-000-1-view.jpg

続きを読む

| 日本史・戦国 | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

平清盛が源頼朝と義経を子供のうちに殺害していたら

yotri
1: 日本@名無史さん 2015/09/21(月) 12:03:39.78
母親に懇願され、情けに負けて平清盛は頼朝と義経を殺さず
伊豆と鞍馬寺に流罪としてしまった。そのため平家は滅びたと
されるが、もしこの2人を母親の懇願を無視し殺してしまって
いたら、果たして平家は存続したのか、それとも滅亡の運命
からは逃れられなかったか、考察してください

続きを読む

| 日本史 平安 | 15:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【歴史】高山右近生涯に国内外関心 大阪で式典へ

trshsr


1: 筑前鐵太郎 2016/06/06(月) 23:16:46.60 ID:CAP_USER9
<キリシタン大名>高山右近生涯に国内外関心 大阪で式典へ

 【ローマ福島良典】江戸時代に国外追放されたキリシタン大名、高山右近(1552年ごろ~1615年)をキリスト教カトリックの崇敬対象「福者」とたたえる式典が来年2月にも大阪で開かれる見通しだ。式典を控え、右近ゆかりの地では信徒による勉強会が開催され、イタリアでは足跡をたどるドキュメンタリー映画が製作された。地位や財産を捨て、信仰に殉じた右近の生涯への関心が内外で高まっている。

 安土桃山時代に右近が12年間、城主を務めた大阪府高槻市。カトリック高槻教会では信徒が今年4月から右近の生涯と信仰について学ぶ連続講座を開いている。講師は高槻市の岡本稔さん(70)と茨木市の中田和夫さん(74)。

 2人は「戦乱の世にあって右近は神の下の平等を説き、キリスト教を強く勧めつつも、信教の自由を認めた」(中田さん)、「富か信仰かを問われ、信仰を取ったことが右近のメッセージ」(岡本さん)と語る。

 右近は近年まで戦国武将としての側面が強調され、「キリシタン」としての生き様には光があまり当てられてこなかった。岡本さんは「1998年に高槻で右近時代のキリシタン墓地が発掘され、右近に対する見方が変わる節目になった」と指摘する。

 今年1月21日にバチカンが「福者」と認定したことを受け、高槻市も右近ゆかりの地を紹介するパンフレットを作製し、PRに乗り出した。同市立「しろあと歴史館」の中西裕樹事務長(43)は「福者となることでキリシタン右近の評価が高まり、戦国時代の高槻の様子が解明されるきっかけになるのではないか」と期待を寄せる。

 ドキュメンタリー映画「右近サムライ 剣の道、十字架の道」(イタリア語版43分、英語版37分)を製作したのはイタリア人女性監督のリア・ジョバナッツィ・ベルトラミさん(48)。カトリック信仰を死守する一方、茶道など日本の文化にも通じていた右近の姿が描かれている。DVD化されて、イタリア国内で9月1日発売の予定。

 映画には、長年、右近の「福者」認定運動を進め、今年2月29日に死去した溝部脩・高松名誉司教(享年80)も登場する。ベルトラミさんは「日本に興味を引かれる欧州の若者は多いが、美と本質を尊ぶ日本の心はあまり知られていない。日本人であることを捨てずにキリスト教を生きた右近を通じて、日本の心を伝えたい」と話している。

 ◇社会・家庭生活の模範

 前田万葉・大阪大司教の話 高山右近は「イエス・キリストこそ自分の主君」という生き様を貫いた。周りの人々のことを常に気にかけ、信徒の葬儀では自らひつぎをかついだ。信念・信仰の人だった。現代社会で社会・家庭生活を送る私たちにとっての模範だ。

 右近の列福に加え、来年は日本とバチカンの外交関係樹立75周年でもある。できるだけ早くフランシスコ・ローマ教皇(法王)に日本にお越しいただきたいとバチカンにお願いしている。

 摂津国高山(現・大阪府豊能町)の生まれ。キリシタンとなった父の勧めで12歳の時に洗礼を受けた。21歳の頃に高槻城主となり、織田信長、豊臣秀吉に仕えた。バテレン追放令を出した秀吉に棄教を迫られるが拒否し、大名の地位を失った。小豆島、金沢などに移った後、江戸幕府のキリシタン禁教令で国外追放の身となり、フィリピン・マニラで熱病にかかり、死去した。茶道の千利休の高弟「利休七哲」の一人に数えられた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00000049-mai-soci



続きを読む

| 日本史・戦国 | 01:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑





PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。