みちのく瓦版

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

孔明は最大の失策、それは

twyhs
1: 無名武将@お腹せっぷく 2009/01/07(水) 09:19:11
天下三分の計にあり。



って何となくそんな気がするので、
どなたか論理付けてくだされ



auの一寸法師がうざすぎるwwwww 三太郎、鬼ちゃん、かぐちゃんだけでいいのに

iPhone、使わないアプリを閉じると余計に電池を食うことが判明

【愕然】12年間片想いの幼馴染に告白した結果wwwwwwwwwwwwwww

【画像あり】このgifの闇が深すぎるwwwwwwwwwww

上司と飲みに行ったけど俺左遷確定しててワロタwwwwww

俺氏、バイト先で冗談を鵜呑みにして問題を起こすwww

ヤギのレンタル、予約いっぱい…人気 - 長野

日本のサラリーマンにありがちなことwwwww

復活してほしいテレビ番組wwww

【悲報】Twitterで大受けの画像、意味がわからない…。




4: 無名武将@お腹せっぷく 2009/01/08(木) 01:47:02
荊州が取られると蜀に閉じ込められた状態になってしまって、身動きが取れない
よって天下三分の計は失策だ!

10: 無名武将@お腹せっぷく 2009/01/10(土) 17:11:38
そもそも三分の計は露祝のパクリです

11: 無名武将@お腹せっぷく 2009/01/10(土) 17:56:27
魯粛は2分の計ですが

12: 無名武将@お腹せっぷく 2009/01/10(土) 21:57:36
赤壁までは予定通りでそのまま魏を潰して
あとは呉の寝首をかいて天下統一じゃケヒヒ…って策だったの?

13: 無名武将@お腹せっぷく 2009/01/11(日) 22:19:42
個人的には魏延殺し

16: 無名武将@お腹せっぷく 2009/01/18(日) 15:07:35
パクリというよりは
ある程度にモノが見えていた知識層の共通認識だったというか

華北の最大勢力に抗するには
まだ押さえられていない要所に拠って
地盤を固めないといけない
それだけのこと

ただ渦中にいるとその方向性を見失ったり
なかなか実現できなかったりすることもあるわけで

17: 無名武将@お腹せっぷく 2009/01/19(月) 17:02:34
山頂布陣様の神がかりな用兵といいたいがあのお方は前歴はしっかりしてるからどうしようもない。

やっぱり蜀には無理があ(ry)

19: 無名武将@お腹せっぷく 2009/01/21(水) 19:27:57
諸葛亮みたいなワンマン政権樹立するなら戦に強くないと絶対ダメなんだよ
同時代でも曹操がそうだし他の国や時代見てもそういう人が圧倒的に多数
始皇帝なんかは絶対王政だが人材と国が強力だったからワンマンではないしな

諸葛亮は弱いわけじゃないけど決して飛びぬけてるわけじゃない

20: 無名武将@お腹せっぷく 2009/01/21(水) 20:30:44
>>19
ワンマンだよ
始皇帝は強力な法律によって国を律して中央集権を進めてる
郡県制から郡国制へ退歩を強いられた劉備は秦の先進性についていけなかった
と同時に始皇帝という天才的な事務能力を持った君主がいなければ当時の秦の先進性は保てなかった

24: 無名武将@お腹せっぷく 2009/01/22(木) 17:22:51
>>20
戦国時代の君主なのに一回も戦場に出てないでワンマンってことはないだろう
政治決定権においてはワンマンでいいが上の例だと戦争の指揮までやる人間じゃないと例に漏れる
別に始皇帝の能力が低いなんて話じゃないし

25: 無名武将@お腹せっぷく 2009/01/22(木) 19:07:14
>>24
製造販売する会社のワンマン社長って現場で実際に物作るかい?
ワンマン指導者って「自分ですべてやる」じゃなくて意志決定と権限の全てを自己に集めてる人の事だぞ

26: 無名武将@お腹せっぷく 2009/01/22(木) 21:10:37
>>25
そりゃ現場監督レベルだw
王センのような軍人は全体のプロジェクトの指揮を取るような人だろ?
始皇帝はそこより上のグループ経営の権限は一人で握ってたが、諸葛亮のような政権はトップがそういうプロジェクトの指揮まで着手してたってことだろ?
始皇帝はその次元だと関与していない

21: 無名武将@お腹せっぷく 2009/01/21(水) 22:41:10
始皇帝の前から、秦は厳しい法治化と中央集権化は進めてたけどね。
秦は始皇帝より前から強かったんだよ。

22: 無名武将@お腹せっぷく 2009/01/22(木) 00:01:43
覇権自体は昭王の時代にほぼ確立はしてるからな
ただし皇帝の代になってロウアイの乱があったり母后が裏切ったりで始皇帝個人の優秀さもかなり問われはしてる
多分郡県制度を関中、中原の西の端っこ辺りだったら超人的な君主の事務作業って必要なかったと思うんだが
始皇帝はおそらくその狭い範囲を緻密に治める方法で中華全土を治めていたんだろう
だから皇帝に天才的な事務処理能力が要求され、二世皇帝がサボったら一気に国が滅びることになったと推測できる

23: 無名武将@お腹せっぷく 2009/01/22(木) 03:46:42
ロウアイってチンポに馬車の車輪はめ込んで回したって本当かね?
巨根だったらしいが、よく竿が折れなかったよ。

24: 無名武将@お腹せっぷく 2009/01/22(木) 17:22:51
>>23
てか回したって事は勃ってたってことだよな?下世話ですまんが

28: 無名武将@お腹せっぷく 2009/01/22(木) 22:28:14
>>24
車輪の軸穴に入れて、回転なんて刺激与えたら勃たない方がおかしかろうて

29: 無名武将@お腹せっぷく 2009/02/20(金) 20:47:25
       j __⊥⊥__l
     _匚____]_
    r':::::::::::::::::::::::::::::::::`l
.   |:::::::::∧:::::i、:::::::::::::::::l
   |::::::::/ ヽ::l 丶::::::::::::::l   
   .|:::::::/ \   /`ヽ:::::::|  
   |:::(`| /⌒'、 ./⌒'、 f''):::|   
 . |:::::ゝ|  ゙̄!j´j  ゙̄!j´|ノ:::::|  
  |::,,,、:::| _  /  __ |:::::::::|
  |((^))| 'c) .ソ, ( c)|::::::::::|  最大ん失策?
  |::::ゞ====彳`ゝ'  /:::::::::::|   仕える主君を間違えたことかな?
  |::::::::::::::ヽ | | /::::::::::::::|  中国統一を第一に考えるならww
  |::::::::::::::::::`i.ゝ'イ::::::::::::::::::::|   
. / ̄ ̄ ̄\\// ̄ ̄ ̄\
        //        

30: 無名武将@お腹せっぷく 2009/02/21(土) 01:26:46
>>29
孔明の目標は、漢室復興でなかった?

36: 無名武将@お腹せっぷく 2009/03/10(火) 18:09:48
無断な進軍

37: 無名武将@お腹せっぷく 2009/03/10(火) 21:46:55
案外、魏延が子牛谷通って奇襲したら長安あっさりだったりして……
頭いいけど、仕事に私情入れてしくじるタイプ

38: 無名武将@お腹せっぷく 2009/03/12(木) 07:41:58
きっと水鏡先生が好好としか答えてあげなかったからさ

39: 無名武将@お腹せっぷく 2009/03/14(土) 06:15:42
関羽を死なせたこと
孔明のバカー(;ω;)

40: 無名武将@お腹せっぷく 2009/03/14(土) 20:03:36
孔明が蜀の軍師でなく、曹操が蜀の軍師だったら、天下は取れた。
つまり失策じゃなく、初めから失敗だった・・・

41: 無名武将@お腹せっぷく 2009/03/14(土) 21:10:37
曹操に仕えるわけないじゃん
孔明の目的は劉備と同じ
はなから統一出来ると思ってない

47: 無名武将@お腹せっぷく 2009/03/17(火) 03:11:07
登山家を起用したこと

50: 無名武将@お腹せっぷく 2009/03/18(水) 21:52:00
>>47
登山家自体は悪くないだろ
魏だってトウガイってクライマーを重用してたわけだし

48: 無名武将@お腹せっぷく 2009/03/18(水) 16:01:38
馬食「………」

49: 無名武将@お腹せっぷく 2009/03/18(水) 21:47:16
曹真を手紙で殺したこと

仲達との直接対決は避けられたかも

51: 無名武将@お腹せっぷく 2009/03/19(木) 15:13:56
ちょっと違う気がする

52: 無名武将@お腹せっぷく 2009/04/17(金) 19:56:06
関羽があんなに戦略眼ないとは知らずに
一人で荊州任せたのは孔明のミスだよな

53: 無名武将@お腹せっぷく 2009/04/17(金) 20:25:01
>>52、任せざるを得なかったんじゃないのか?孔明は成都攻略の手助けに行かないといけなくなったから

54: 無名武将@お腹せっぷく 2009/04/17(金) 20:53:08
>>51 >>52
馬良と伊籍も役に立たなかったってのもあるな。

というか劉備陣営は流れヤクザみたいなもんだから
古参組の行動を孔明たち文官が抑止するのは難しいだろう。
自分の発言力が高まるまで大人しく後方支援に徹してた孔明の
処世術は正しいといえる。(大物のご機嫌取りはするし)
ある意味、蜀というより劉備陣営の限界か。

55: 無名武将@お腹せっぷく 2009/04/17(金) 23:56:46
流れ者の軍隊なわけだから、食糧も現地調達だっただろうしなw

56: 無名武将@お腹せっぷく 2009/04/18(土) 17:11:58
天下三分の計自体は正しい。ただ、孔明が読み間違ったのは
呉の勢力も漢王室の威光に従って曹操を打倒するものと思っていたが、
彼らは元から漢に対する恭順の念が無かったところが決定的だった。

献帝を擁してそれを錦の御旗にして勢力を拡大してきた曹操や
漢の血筋であり漢の再興を精神的拠り所にしていた劉備とは
考え方が根本的に違うのが呉の勢力だった。

後に曹丕が簒奪して魏王朝を作ったときは真っ先にそれを認め、
形の上であれ臣下の礼を取ったのもそのひとつ。

62: 無名武将@お腹せっぷく 2009/10/20(火) 23:16:20
張コウを倒したことじゃないかな。曹操時代最期の大物

75: 無名武将@お腹せっぷく 2010/03/21(日) 15:28:17
北伐に成功出来なかったことじゃねーの?そりゃ逆説的な話だけどさ。
やっぱ北伐の成否が結局孔明戦略のネックだったよなあ

82: 無名武将@お腹せっぷく 2010/08/28(土) 00:06:13
「成功出来なかった」は失策とは言わないだろ。北伐自体が失策、なら意味は通るけど。

85: 無名武将@お腹せっぷく 2010/11/27(土) 22:19:50
北伐失敗って、簡単に言ってるけど、あそこがどれだけの難所か知ってるか?
中国駐在時に旅行したことがあるけど、あれは酷だわ。
あんな場に何回も出征すれば、そりゃ国も傾くて。

孔明最大の失敗は、己の理念を実現できる戦力・人材の無いまま、戦わねばならなかった
現実って奴なんじゃ、ね?

86: 無名武将@お腹せっぷく 2010/11/27(土) 23:44:06
>>85
戦力はともかく、人材は使いきれてなかったからな
劉備がいれば、もう少しやりようがあったはず

諸葛亮の最大の失策は、劉備を失ったことに尽きる。

87: 無名武将@お腹せっぷく 2010/11/28(日) 00:25:05
いや劉備いても駄目だろ
夷陵ですら大敗してるじゃないの

88: 無名武将@お腹せっぷく 2010/11/28(日) 00:44:15
いや、そもそも劉備を夷陵に行かせたことが失敗
自ら行かねば劉備も納得しなかったであろうが、皇帝をやすやすと戦場に行かせたらあかんて

夷陵の敗戦がなければ、
黄権や馮習、王甫、張南、傅彤、程畿、馬良ら人材を失うこともなかっただろうし
たとえ夷陵で彼らを失ったとしても劉備が生きてさえいれば、
魏延や李厳ら諸葛亮が使い切ることができなかった人材も有意義に使えただろうに

106: 無名武将@お腹せっぷく 2011/04/04(月) 22:11:05.39
>>88
夷陵の暴走はカンヌの戦死が発端だし
荊州失陥で三分の計も機能しなくなった

だから止めるなら劉備のカンヌ重用を止めるべきだろ
>自ら行かねば劉備も納得しなかったであろうが
という状況になる前に

134: 無名武将@お腹せっぷく 2014/06/03(火) 23:25:30.73
>>106
関羽は人格に問題があり、その関羽を事もあろうに最前線の荊州に留守役として配備させたままだった。
呂蒙は対蜀強硬派なので、性格がアレな関羽とは破綻するのは目に見えていた。
然し孔明は無視して其の儘任用させ続けた。関羽の傲慢さの所為で譜代の麋芳は勿論、士仁・能吏の潘濬と謂った傑物を孫呉に寝返らせ、
張飛は発狂、麋竺は憤死、劉備は火病って夷陵惨敗、巡って孔明自身の過労死に繋がった。
若し、漢中王僭称時点で関羽を北伐の先鋒名目で召喚し、荊州の守役の代替に趙雲・副将に王平・黄権を付けて派遣し、
独断専行権を趙雲に付与していれば、その後の無残な結末は或る程度回避出来た筈。
それをしなかった、と言う事は・・・

89: 無名武将@お腹せっぷく 2010/11/29(月) 11:01:21
人材はともかく、戦争しなくても劉備と張飛は元気なくなってすぐ死んじゃったと思うわ

98: 無名武将@お腹せっぷく 2010/12/05(日) 02:57:31
器量は良くないが金持ちの娘を嫁に娶って、閨閥的に優遇された環境になったにも関わらず
定職にもつかず、詩吟に耽る悠々自適の生活を送る
そして、知人に向かってオレはビックになる器だとと語り、庵に引きこもる

99: 無名武将@お腹せっぷく 2010/12/07(火) 14:30:01
隆中にいた頃は悠々自適な生活だったが、
劉備に仕えたために晩年は過労で倒れてしまった…

100: 無名武将@お腹せっぷく 2011/02/03(木) 20:53:35
知将なんてそんなものさ

102: 無名武将@お腹せっぷく 2011/02/05(土) 20:08:06
諸葛亮はそれで良いだろうけど、蜀の民はたまったもんじゃないな。
きつい税制しかれた上に連年の北伐。
蜀臣である陳寿が書かなかっただけで、蜀での内乱は頻発してたんじゃないかな。
諸葛亮が歴史を記す官を廃止したので蜀の歴史は公式に残されてないし。

111: 無名武将@お腹せっぷく 2011/12/23(金) 00:12:28.76
>>102
歴史を記録する官職を廃止したというのは謎だな。
蜀が漢の正当な後継であると自認しているのなら、
なおさら記録を残しておくべきなのに。

115: 無名武将@お腹せっぷく 2012/12/31(月) 07:45:42.01
>>111
廃止したというより,最初から置かなかった。
史官の建前は「直筆」だから,権力者から見て邪魔だったのでは。

146: 無名武将@お腹せっぷく 2015/07/30(木) 19:12:46.09
>>111
むしろ蜀なんてへんぴなところに居座るのって
「漢」としては恥だと考えたんじゃない?
そんな時期の歴史なんてあんまり残したくなかったとか

151: 無名武将@お腹せっぷく 2015/08/10(月) 12:34:17.54
>>146
魏晋側がもみ消した可能性もあるがね

104: 無名武将@お腹せっぷく 2011/02/16(水) 12:56:25
これから北伐って時に
あんな長文読まれたら兵士のテンションも落ちるっつーの

105: 無名武将@お腹せっぷく 2011/02/16(水) 15:31:40
出師の表のことかな。
皇帝と官僚むけに、言いたかったことでしょう。
兵には、難しすぎて、よく分からないような。

137: 無名武将@お腹せっぷく 2014/07/27(日) 12:48:58.12
人材コレクターの曹操からスカウトされなかったこと

138: 無名武将@お腹せっぷく 2014/09/11(木) 19:38:09.55
曹操のところにいたら集団のなかに埋没してまうのでは

153: 無名武将@お腹せっぷく 2015/12/29(火) 21:33:06.13
蒋琬・費禕らの暴走を抑えられなかったこと




【画像】保存したけど全く使い道のない画像貼っていこうぜwwwwwwwww

【悲報】デーモン小・・・ではなく悪魔が日本で保護される wwwwww

人生で一番大切なのって自信だよなwwww

女性に聞いた絶対付き合いたくない男wwwwwwwww

【超衝撃】 女が求める理想の挿入時間wwww ヤバすぎるだろwwwwwww

【海怖】夜釣りであった奇妙な話

たべっ子どうぶつでナンパした時の話

【動画】伊集院光「ヘイトデモは言論の自由。規制は慎重にするべきだし反対派は言論弾圧」

【画像】海老蔵の「いつも通りの朝食」が豪華すぎwww

暗記のコツ教えてけろwwwwww

昔若者「入った会社でかくしたろ!」今若者「でかい会社入ったろ!」

ツタンカーメン遺物の復元に日本人技師が引っ張りだこ! 「これまでの修復は雑だったから日本人の力を借りたい」

【銃乱射】オバマ「やっぱ規制しよ?」 ライフル協会「は?」 →結果wwwwwwwwww

【悲報】くまモンと秋田の人喰い熊が新聞で共演、超えちゃいけないライン

【速報】俺氏、このイスを買う事を決意



スポンサーサイト

| 三国志 | 01:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑





COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。