みちのく瓦版

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

妖怪の歴史について語ろう

fdafvb


1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/05(土) 21:22:54
一反木綿!!



         __
       ヽ|'A`|ノ_
         、_し ⌒ー'



【朗報】俺氏、アトピー完治へ

【GIF】このgif動画で笑わなかったら100万円

釣り人のサバイバル能力スゴすぎワロタw

【画像あり】わいの大学に貼ってあった「学長からのお願い」wwwww

DQNグループの女子に放課後体育館裏に来てねと言われたから鉄パイプ持って行った結果wwwww

犬のフンを片付けないBBAの顔面にホカホカのフンを投げつけたw

【超悲報】来週のハンターハンターのネタバレがヤバすぎて大荒れ……(※画像)

世界の通貨を統一したらどうなるんや?

【後味悪い】感覚がズレている人間


29: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/12(土) 11:29:35
エジプト綿100%使用

39: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/23(水) 02:57:32
>>1
思わず笑ってしまった

4: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/06(日) 00:18:12
妖怪っていつから現れたんかいな??

5: 山野野衾 ◆CXSSL1llHI 2008/04/06(日) 12:23:11
>4
古代・中世では細かい記録はなく、仏教の天魔=悪魔に相当するとさ
れた天狗を除けば、「鬼」ぐらいでしたね。
こちらが妖怪の総称。百鬼夜行に登場したのは、目一つや足一つとい
った種々雑多な異形のモノたち。

神聖なものを指す場合もありましたが、鬼もしくは変化のものが妖怪
に相当した様です。変化単独での使用は、近世からでしょう。
近世になると、妖怪の種類がどっと増えだす。

夜行日は元々中国の習慣ですし、古代・中世の知識人は仏典を根拠に
世の中を理解していましたから、仏典の影響も無視できません。
柳田説等の様に、純粋に日本国内の風土から生まれたとは言えないで
しょうね。
天狗=天魔、鬼=ガンダルヴァやクハンダなどと同じ異類、竜=仏典
にそのまま登場する、と考えれば辻褄は合います。

ノヅチは蛇の類として、ウブメは死者の一形態として捉えられた。
(ウブメも妖怪だという小松先生の御説は現代の見方でしょう)
室町時代に現れた河童もそうですが、ひっくるめて同じ「妖怪」と考え
られるようになるのは、それこそ鳥山石燕の頃からでしょう。
それ以前の『和漢三才図絵』では鬼以外の現在「妖怪」とされているも
のたちが列挙されていますが、独立した項目に並列されていません。
それぞれ、生活環境を同じくする禽獣と併記されています。

なお、今言う妖怪をヨウカイと呼んだ例は近世まで希少です。
あってもそれは「怪異な現象そのもの」を指しました。
近世にはバケモノが一般的です。稀に妖怪という字にバケモノと振り
仮名を振った例がありますが。

7: 山野野衾 ◆CXSSL1llHI 2008/04/06(日) 12:28:12
妖怪というか、鬼の形態について記したものに『今鏡』があります。
仏教では生命は湿・卵・胎・化のいずれかの生まれ方をするとされてい
ますが、鬼は化生のものとされていました。
妖怪を指して近世に化生(当て字で化粧)のものと呼んだのも同じ。
親を介することなく、自然に生まれてくる存在という意味です。

仏典では仏国土の住人など、娑婆の人間離れしたものが化生とされる。

8: ウーゴ ◆eaYqa3SeLE 2008/04/06(日) 16:59:00
ボリビアの農村部とかだと未だに妖怪を見たとか妖怪に脂肪を抜き取られた経験がある人が結構いる

11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/06(日) 19:01:15
>>8

なにやら、妙齢のご婦人方が殺到しそうな伝説ですね。

10: 山野野衾 ◆CXSSL1llHI 2008/04/06(日) 17:31:26
ロシアでも市民権を得ているようですね。
何を「妖怪」とするのか、文化圏ごとに意見が分かれそうですが。
ペルーでも油を絞るそうですが、絞られた油がナサに送られてロケット
の燃料になるとか、都市伝説が旧来の伝説に混じっているそうです。
日本でも、子供をさらって油で皿を焼くとか言われていましたが。

12: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/06(日) 19:13:38
それ、キャトル・ムーティレーションじゃないの?

13: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/06(日) 20:11:35
日本は八百万の神思想があるからつくもがみを元にした妖怪は昔からたくさんいそうな気がしてたけど
こういうのも最近のことなの?それとも明確な名前付け分類がなかっただけ?

14: 山野野衾 ◆CXSSL1llHI 2008/04/06(日) 21:19:21
>つくもがみを元にした妖怪
器物に霊がつくとしたのは『今昔物語集』の銅器の霊が最古ですが、
これ以外の例となるとぐっと下って室町時代からです。
古代、少なくとも記紀の時代から存在したものではありません。
そもそも器物霊の思想自体、室町時代に中国から伝来したとする説が
あります。確かに中国での器物が化ける話は古い。

それに、今言う「八百万の神思想」自体、本居宣長や平田派によって
伝統として喧伝されてきたものの、実際にずっと伝わってきたかとい
うと疑わしいですからね。

15: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/07(月) 19:56:13
壺が玄関から入っていく話って、「今昔物語集」じゃなかったっけ?

20: 山野野衾 ◆CXSSL1llHI 2008/04/09(水) 23:52:03
>>15
藤原実資が目撃したという、夜道をひょこひょこ油壺が歩いていて、
鍵穴から邸内に入って行き、人を殺したという話ですね。
板や赤い単衣についても同じような話がありますが、器物そのもの
の精ではなく、「鬼」が化けていたということになっています。

人以外のものに化けたという話は、これが最初でしょうか。
これ以降もあまり見ない、珍しい例だと思います。
なぜ『今昔物語集』にだけ出てくるのか・・・。

19: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/09(水) 23:29:49
土蜘蛛とか妖怪分類じゃないんだ

21: 山野野衾 ◆CXSSL1llHI 2008/04/10(木) 00:40:38
>>19
『土蜘蛛草紙』の成立が南北朝時代だったと思いますが、あそこでは
器物霊や器物ではない異形の存在もひっくるめて土蜘蛛の一党とされ
ていましたね。詞書が今手元にないのですが。
ただ、土蜘蛛が目立ってはいるものの、近世のように雑多な異類が種
類分けされていたかというと違うと思います。
種類ごとに呼び分けていない。これは大江山の方も同じ。
今考えられる「鬼」以上の雑多な異類が描かれています。

22: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/10(木) 20:05:53
土蜘蛛って日本神話には先住の蛮族としてかかれてなかった?

23: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/11(金) 00:19:48
土蜘蛛は蝦夷と同様に日本の先住民族

24: 山野野衾 ◆CXSSL1llHI 2008/04/11(金) 01:02:01
『肥前国風土記』や『常陸国風土記』に登場する土蜘蛛と、中世の異類
とは別物でしょう。
そもそも、反大和朝廷というだけで、常陸と肥前の土蜘蛛も別物であっ
たようですし。
肥前には女首長がいたり、常陸では穴居生活をしていたりと、これはこ
れで面白いですが。

25: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/11(金) 01:16:52
同じとは言ってませんが・・・。

34: 白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA 2008/04/14(月) 01:53:22
>>22-23
山地焼畑で、先住民族の影響は強かったろう。
山岳民狩りは、戦国期が終わる時期に盛んになるわいのう。
>>25
土蜘蛛と中世の山岳民は、民俗学的に同一云うてもえんじゃないか。
山野氏に遠慮する必要はあるまい。

38: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/22(火) 20:25:43
妖怪が跳梁跋扈する闇夜はエコな夜w

37: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/22(火) 09:22:44
明治まで(戦前までかも)の日本の夜の闇は それはそれは暗かったから。

40: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/24(木) 19:41:31
二酸化炭素と温暖化がもたらす新たな妖怪っていないのか?

41: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/30(水) 04:31:50
そんな奴おらんやろー

42: ヤジサムライ 2008/04/30(水) 15:49:53
作ればよろし~

45: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/05/01(木) 20:51:15
真夏の夜の雪女

50: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/05/04(日) 07:41:57
>>45
ちょっと萌えたw

46: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/05/02(金) 23:53:14
鉄筋コンクリートのぬりかべ
近代の妖怪は筋金入りだw

48: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/05/03(土) 23:54:31
>>46
構造計算が偽装されていて、実は脆弱との噂もある

47: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/05/03(土) 10:49:21
アスベストかけ婆あw

恐怖の妖怪

80: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/06(日) 17:19:39
狐はもしかして日本ではもう絶滅しちゃったんですかね?

88: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/14(月) 02:49:51
>>80
こないだドライブ中に狐に会ったからパン分けてあげた
犬みたいだった

81: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/06(日) 17:24:02
実はオオカミはまだ生息しているという噂も

82: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/06(日) 18:04:19
狼と言えば日本には「鍛冶屋の母」の話がありますね
狼が老婆を食ってなりすます所なんか西洋の赤ずきんとよく似てる

83: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/07(月) 16:24:02
狐や狸みたいに狼にも霊能力がって書いて
そうだ犬上ってあるんだよなって思った

94: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/16(水) 22:58:54
ここは派手に

95: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/17(木) 08:22:40
どーんとでかいヤツを

96: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/17(木) 10:48:22

99: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/19(土) 00:31:44
ヒトダマ見たことある奴いる?

105: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/21(月) 04:03:24
ヒトダマかどうかはわからんが、光り物ならみたことある

深夜の夜道でふと空を見上げたら黄色(金色かも?)ぽい光が尾を引いて消えた

暗くてイマイチ遠近感がわからず実際の大きさはわからない(見た感じ、民家の二階や屋根くらいの高さに見えた)

消防の時見たハレー彗星に比べて、見た目の大きさや明るさが全然違うので、天体現象には思えない

隕石にしては音も無かったし、そもそも下から上に尾を引いてたからありえないし、報道もされてなかった

まぁ、オイラの知らない自然現象なんだろうって納得してるけど、別に恐怖感は無かったなぁ
ただただ、不思議だなぁって感じだったよ

107: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/23(水) 06:31:33
ヒトダマって日本だけだろ

108: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/24(木) 16:36:32
似たものならあるんじゃない

110: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/24(木) 23:13:07
鬼火と人魂の違いがよくわからん
どこがどう違うんだ?

112: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/25(金) 21:08:04
鬼火は妖怪のなせる業とされる
ヒトダマは幽霊の類

113: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/25(金) 22:31:45
wikiによると
「~人間や動物の死体から生じた霊、もしくは人間の怨念が火となって現れた姿~」
だそうです

114: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/25(金) 22:51:55
【鬼火】
①雨の降る暗夜などに、墓地や湿地の空中を漂う青い火。
燐化水素の燃焼によるとする説もあるが不明。
陰火。幽霊火。狐火。

【人魂】
夜、空中を飛ぶ青白い火。
古くから、死者から抜け出た霊が漂うものとされる。

【魂】
①生きものの体の中に宿って、心の働きをつかさどると考えられるもの。
古来、肉体を離れても存在し、不滅のものと信じられてきた。霊魂。

【霊魂】
①肉体とは別に、それだけで一つの実体をもち、肉体から遊離したり、死後も存続することが可能と考えられている非物質的な存在。魂。魂魄。

(大辞泉)

115: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/25(金) 23:08:04
【陰火】
①墓地などで燃える、奇怪な青白い火。狐火。鬼火。

【狐火】
《狐の口から吐き出された火という俗説から》
①闇夜に山野などで光って見える燐火。鬼火。
また、光の異常屈折によるという。狐の提灯。

(大辞泉)

大辞泉を読んだ感じじゃ、鬼火は人魂及びその他の発光現象を含む概念ぽい気がする。

120: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/26(土) 21:18:16
怪異があれば何かと幽霊やUFOにすぐ結び付けるこのご時世、怪しい光があればみんな人魂って解釈されちゃうんだろうね

鬼火と人魂の違いって、結局は解釈の違いでしかないんじゃね?

怪しい光を見て霊だと思えば人魂になり、それ以外だったら鬼火とか狐火とかになるだけでさ

ただ、今の世の中じゃ霊を原因にしたほうが本人も周囲の人にも受け入れ易いだろうね

狐狸妖怪の類いを原因にすると100%ネタ扱いされそうだもんね

つか、人魂と鬼火じゃ言葉の知名度が違い過ぎるか

121: うき草 ◆.sj7Ji80y2 2008/07/27(日) 17:56:27
昔からそんな物だよね、

で、夜中淡い光がぼう~っと出たら大抵は人魂って思うよな

122: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/27(日) 21:18:00
熊本の不知火の正体は蜃気楼らしいね
夜、無数の火の玉が海上にバーッと現れたらさぞかし壮観だろうな
古代に天皇も目撃してるし、一度は見てみたいね

127: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/08/01(金) 21:36:54
たまにぬりかべ見たとか言う奴いるよな?ホントなら裏山

128: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/08/01(金) 23:45:08
ぬりかべのキャラデザは水木大先生だよな

元々、急に前へ進めなくなる現象を筑前遠賀郡では「ぬりかべ」って呼んでた

そいつを見たってことは、つまり・・・

130: うき草 ◆.sj7Ji80y2 2008/08/02(土) 20:23:14
若い女性の塗りたくった化粧とか

132: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/08/10(日) 15:32:35
若くない場合、妖怪が多いが

134: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/08/10(日) 18:36:35
水木氏は戦時中ラバウルでぬりかべに遭遇したそうな

135: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/08/10(日) 21:03:41
ということは外国の妖怪なんだ>ぬりかべ

昔ゲゲゲの鬼太郎で日本の妖怪と外国の妖怪で「妖怪大戦争」ってのがあったが、確かぬりかべは日本側だったが・・・

156: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/09/08(月) 23:07:01
ホントに怖いのは真夜中でなくで夕暮れらしいね

157: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/09/09(火) 00:09:23
魔に逢う時間帯だから逢魔が時

186: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/19(金) 10:03:15
雪女って東北一帯で伝わってるの?
大元はどこ?

189: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/19(金) 21:59:29
>>186
小泉八雲の元ネタは東京

260: アイドル妖怪カワユシ& ◆DQR3XSYjuU 2013/10/16(水) 20:10:27.08
日本三大悪妖怪とは、

Q:日本に存在する妖怪のうち名声及び力がすごい妖怪を3つ挙げるとしたら誰?

の答えに当たる3体の妖怪のことである。
その3体の妖怪って誰?

酒呑童子
白面金眉九尾の狐
崇徳天皇大天狗

の3体がそれにあたる。

http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%80%E3%BC%E3%AF%E3%B7%E3%B0%E3%8A%E3%BC

261: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/22(火) 06:49:12.42
>>260
酒吞童子より八岐大蛇や夜刀神、ダイダラボッチの方が強そうだ

262: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/01(金) 23:08:09.00
>>261
実は酒呑童子は八岐大蛇の子孫と言う伝承があるそうで




【画像】 av女優を脅迫して逮捕された死神(49)の日本語がガチでヤバイwwwwwww

車に乗っていたカップルはなぜ死亡したのか ⇒ ドラレコ映像に、巨大な生物が…

「お父さんお母さん死んだら困るでしょ?」 共産党運動員、小.学.生に安保反対署名要求し泣かす

【画像あり】TOKIO長瀬「UFOの写真を撮った。パソコンに保存したら何もしてないのに画像が消えた」

【永久機関】羊に囲まれるとこうなるwwwwwwwwwwwwww

【悲報】山中のテントに男性2人の遺体

日本人のほぼすべての人が勘違いしていたことwwwwwwww

ハエと進撃の巨人ごっこしてたら網戸破れてワロタwwwwwwww

最近のストリッパーが楽屋でやってること(画像19枚)

買ったはいいけど結局使わずに持て余してるものうp

ナイナイ岡村隆史 約5年ぶりに再入院

カノッジョ「ワイ君乳首も感じるの?」ペロペロ

ケツ毛サロン凄すぎワロタwwwwwwwww
スポンサーサイト

| 妖怪 | 23:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑





COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。