みちのく瓦版

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

どうでもいい歴史トリビアを報告するスレ その2

r21r1d

その1


ゆでたまごが理由で彼女とさっき別れたwwwwww

タイでくまモンの兄弟が見つかる

【伊豆】で白い謎の生物を目撃しました。

「キラキラネーム」をつけられた成人の本音wwwwww

とある女性がアップした「彼氏と別れない方法」が怖すぎる…(2枚)

ヒグマ(200cm300kg)「お前ネットで俺の事馬鹿にしてたよな?」

【悲報】日本人「アフリカの貧しい子供たちを救うためにアフリカに行くぞ!」→結果wwwwww(※画像あり)


143: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/01/11(日) 15:35:47

平安時代の女性が、自分の部屋にせんこうを焚いていた理由は...
月一しか洗わない自分の髪の臭いを誤魔化すため。

排便・排尿用の壷の臭いを誤魔化すため。




146: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/01/14(水) 09:02:09

>>143
そういうごまかしを西洋では近代まで行っていた




147: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/01/15(木) 22:15:55

風呂に入るというのは実は膨大な手間とエネルギーが掛かるもんなのだ
国中に温泉が湧く日本と環境状況が違うから仕方ないと思われ




149: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/01/16(金) 20:50:35

>>147
風呂=温泉ぢゃない




148: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/01/16(金) 10:48:56

でも中世ヨーロッパ以前の古代ローマ人は風呂大好き

結局環境状況より風俗や民族性の違いだろうな




150: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/01/16(金) 22:05:40

投錨するとかならず、日本人はしきりに陸に上がって入浴したがった。
この国民は絶えず清潔を心がけており、家でも旅先でも自分の体を洗わずに過ごす日はない。

清潔さは、彼らの身体や衣服、家、飲食物、容器等から一目瞭然である。
彼らが風呂に入って身体を洗うのは、週一回などというものではなく、毎日熱い湯に入るのである。
その湯はそれぞれの家に用意されており、また旅人のためにどの宿屋にも安い料金で用意されている。

私は、神道信奉者らが祭日や他の日にどのような心境でこの社にやってくるかということが漸次わかってきたが、そのさい非常に驚くことが多かった。
彼らは何かの汚れがある時は、決して己れの神社に近付かない

Carl Peter Thunberg




152: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/01/18(日) 12:14:02

それって願掛けであって日常生活ではないのだが...

つまり「不潔にすることは苦行」という概念がそんな古代からあったほど
日本人は清潔だったってことか




153: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/01/25(日) 09:14:30

歴代アメリカ合衆国大統領で
最も長い就任演説を行ったのは第9代ウィリアム・ハリソン
ハリソンはこの演説で風邪を引いてしまい、こじらせて死亡した




155: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/05(木) 18:56:57

ヒ素は世界史上、毒殺で最も多用された毒物のひとつ。
かつての欧米・朝鮮・中国の貴族階級の間で銀製の皿、スプーン、箸が珍重されたのは
銀がヒ素に対して強い変色反応を示すため。




156: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/05(木) 19:06:12

フェリペ2世は、四回自己破産している。




157: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/05(木) 19:09:18

「トム・ソーヤーの冒険」の作者マーク・トウェインは、
「あしながおじさん」を書いたジーン・ウェブスターの叔父さん。




158: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/05(木) 19:35:25

ホッチキスはホチキス式機関銃の装弾構造の応用…ではない。
ホチキス社創立前からホッチキスの原型は作られており
ホッチキスを初めて日本に輸入した伊藤喜商店(イトーキ)が製造社名にちなんでつけたらしい。

ちなみに、英語圏ではホッチキスのことをステイプラーと言う。




159: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/05(木) 20:17:19

ジャンヌダルクが聖人に列せられたのは、1920年。




160: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/05(木) 20:34:30

世界で空母を初めて造ったのは日本。

といっても最初から空母として使うための船を造り、完成させた国が日本が最初だったということ。
完成した空母「鳳翔」は1942年退役後、訓練用空母としても終戦まで使われ、
1946~47年に解体された。




161: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/06(金) 00:01:01

酒の名前にもなっているナポレオンだが、
彼自身は下戸で、ワインを水で薄めて飲んでいたことがあるらしい。




162: ウーゴ ◆eaYqa3SeLE 2009/02/06(金) 01:33:14

チュニジアは日本より30年近く早く憲法を制定し、立憲君主国家となっていた




177: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/07(土) 12:55:39

>>162
チュニジアは大統領だよね




163: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/06(金) 04:06:37

ちゅにじゅあって共和国なのに君主国なの?
確かフランスから独立してできたと思ったのだが…
いろいろ複雑なのか




189: bemhugo ◆eaYqa3SeLE 2009/02/10(火) 09:58:41

ブラジルにはカフェオレ時代がある
>>177
1861年憲法ってのがあってね。すぐに廃止されちゃったけど。大統領制は再独立後




164: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/06(金) 05:57:13

スイスが女性に国内で選挙権を与えたのは、1971年。
男女平等がスイス連邦憲法にうたわれたのは、1981年。




165: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/06(金) 06:43:26

現存する世界最古の共和国は、イタリア内部にあるサンマリノ共和国。




166: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/06(金) 07:01:19

ドラキュラの直訳語は“竜の息子”
モデルとされるツェペシの父ヴラド二世が“竜公”と呼ばれていたのが由来。
吸血鬼のイメージは当時ルーマニアと対立していたハンガリーによる政治喧伝の要素が大きい。




168: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/06(金) 19:24:40

ブラド公はトルコの捕虜二万を串刺しに。




169: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/06(金) 20:47:12

織田信長は宣教師ヴァリニャーノから一人の黒人奴隷を譲ってもらい、
「弥助」という日本名を与え家来にしていた。




170: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/06(金) 20:49:32

東大寺の大仏の開眼式で大仏の目に墨で瞳を描きいれた僧は、インド人。




171: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/06(金) 20:58:34

秀吉の御伽衆として仕え、とんち者として有名な曽呂利新左衛門は、
茶人・武野紹鴎の門弟で本名は杉本新左衛門という説がある。

明石家さんまの実名は杉本高文。ひょっとするとご先祖かも??




172: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/07(土) 09:46:39

餃子の本場・中国では、餃子は水餃子が主流。
日本のラーメン屋などのような焼餃子の食べ方はむしろマイナーなほう。




173: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/07(土) 09:56:13

ロシア帝国が清や中華民国間で結んだ不平等条約を、
ソ連政府は1919年のカラハン宣言で撤廃した…ことになっているが、
第二次カラハン宣言で北満州鉄道の権益はソ連のもののままとされ、
不平等条約で決められた中国・ロシア間の国境線は、現在もほぼ宣言前と変更は無い。




174: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/07(土) 10:05:25

武田信玄は、躑躅ヶ崎の邸内に広さ六畳の水洗トイレを持っていた。




175: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/07(土) 10:20:54

国王ルイ16世がフランス革命で処刑された後、息子のルイ・シャルルが
王党派に次の国王として指名されルイ17世となるが、彼はタンプル塔に幽閉されていたため
戴冠式もなされず、彼自身国王に指名された事すら知らなかったらしい。
ルイ17世はタンプル塔から出られないまま十歳で病死。
遺体は共同墓地に葬られた後、2004年に仏王家の墓のあるサン・ドニ聖堂に移された。




176: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/07(土) 10:44:53

第一次世界大戦初期の空中戦は、ピストルで撃ち合うというものだった。
弾丸がなくなると、積んでいた石を敵機にぶつけていたパイロットもいたという。




180: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/08(日) 19:25:21

第一回FIFAW杯の開催国は南米のウルグアイ。同大会で優勝国にもなった。




181: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/09(月) 16:01:29

五胡十六国時代の中国に馮道という人物がいたが、
彼は五つの王朝と十一人の皇帝にかわるがわる宰相として仕え、七十三歳の天寿を全うした。
しかも当時の人からは「彼の仁徳は孔子にも勝る」と賞賛されていた。




183: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/09(月) 20:42:06

>>181だけど、情報訂正スマン。
馮道の生きた時代は五胡十六国じゃなくて五代十国だった。




182: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/09(月) 20:34:59

蹴鞠をしている最中に中大兄皇子の靴が飛ばされ、
その靴を拾った中臣鎌足が届けたのが二人の出会いというが、これはガセ
その当時、蹴鞠はまだ大陸から伝わっていなかった。




184: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/09(月) 22:48:17

中世のヨーロッパの戦いでは、敵の騎士を捕虜にして国許の家族に身代金を要求するのが常だった。
なかには相手が要求してきた金額の低い(=名門の出と思われていない)ことに
腹を立てた捕虜の騎士が自ら身代金を吊り上げさせる事もあったという




186: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/09(月) 23:20:12

杉田玄白が翻訳した『ターヘル・アナトミア』を書いたのは
オランダ人ではなく、クルムスというドイツ人医師がドイツ語で書いたもの。
つまり、『解体新書』は翻訳の翻訳。




190: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/10(火) 13:30:28

ボリビア・ペルー・チリの南米三ヶ国間で、
一八七九年から一八八四年にかけて「太平洋戦争」が行われた。
この戦争でボリビアは海に面した土地を失い内陸国となったが、
現在も海軍は保有している。




191: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/10(火) 18:20:03

第二次大戦の激戦地として有名なスターリングラードは、
1925年まではツァーリツィンという名で呼ばれていた。
1961年のスターリン批判以降はヴォルゴグラードと改名され、現在に至る。




195: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/13(金) 18:07:39

ロシアのエルミタージュ美術館は、直訳すると「隠れ家」。
エカテリーナ二世時代、王侯貴族の美術品を保管、観賞するための
彼女個人専用の美術館として作られた。




196: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/14(土) 19:27:50

レンブラントの代表作「夜警」は、本当は昼の時間帯を描いたものだったが、
背景部分のニスが黒ずんで夜のようになってしまった。




197: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/14(土) 19:39:14

清少納言と紫式部に面識はない
紫式部が宮仕えをするために宮廷に出仕したころには、清少納言が仕える藤原定子は亡くなっている。
当然、清少納言は宮仕えを退いている。




198: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/17(火) 03:44:51

日本の火縄銃は遠くオスマントルコまで輸出されていた




199: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/17(火) 09:36:02

遠山の金さんと大岡越前は痔だった




200: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/17(火) 21:27:17

卑弥呼の墓には百人以上の女奴隷が一緒に殉葬された




203: ウゴウゴ ◆eaYqa3SeLE 2009/02/20(金) 19:26:36

1990年までチリでは、チリ人は古代ギリシャ人の末裔だから優秀な人種だということになっていた




209: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/22(日) 10:45:42

色物芸人の色物の由来は
寄席で落語家の紹介が黒い墨で書かれたのに対し
間に挟んで寄席に彩を添える落語以外の芸人は朱色の墨で書かれていたため。




212: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/25(水) 23:37:21

三国志や戦国無双で有名な光栄は、
昔ちりめん問屋を経営していた。




213: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/03/01(日) 19:00:21

関が原ぐらいの年代のサムライの骨が見つかったんだけど、どれもこれも不思議な筋がついていた。
学者がなんだろうって不思議に思っていたが、どうやら発達した筋肉が骨を削っていたらしい。




219: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/03/20(金) 05:25:51

先進国の中で唯一毎日風呂またはシャワーを浴びる人の割合が50%
を切っている国がある。フランスである。
伝統は生きている。




224: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/04/20(月) 17:42:08

ヒミコ女王の使節が魏の国に来た時、
当時の魏の皇帝は三代目の曹芳。




231: ◆SAKULA/bDk 2009/05/25(月) 06:28:41

>>224
「魏志」の記述に従えば
卑弥呼の最初の遣使は
景初2年(238年)6月のこと
これだと
二代明帝曹叡の時代になる
しかし
この時中継点の「帯方郡」は
公孫淵の領土で
魏の領土ではなかったため
翌年の景初三年(239年)6月の
誤りだろうとされていて
これが通説となっている
それだと三代曹芳の時代になる
しかし
「魏志」の記述が正しいという
異論も一部にはある

まあ、どっちでもいい話なんですけどね




225: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/04/21(火) 12:09:10

サザエさんの作者の長谷川町子は、佐賀県出身。




226: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/04/21(火) 12:41:02

GMは戦前、ドイツのオペル社を子会社化したがナチスの圧力で放棄。
戦後再びGMが権利を取り戻した。




228: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/05/06(水) 20:38:12

昔発刊されてた
『ドラえもん大百科』1巻と2巻の作者は
藤子不二夫ではない




229: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/05/15(金) 09:16:26

小林一茶は50歳の時に童貞を捨てた
俳諧師ではなく江戸時代の大魔法使い 




238: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/10/10(土) 01:20:19

山縣有朋は若い時「山縣狂介」と名乗っていた。
ちなみに、氷室京介も昔は「氷室狂介」という名前だった。




251: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/07/27(火) 19:56:53

>>238
高杉晋作は「西海一狂生」「東洋一狂生」と名乗っていた。

彼らが“狂”の字を用いたのは、政府(幕府)を倒して天皇中心の政治に戻し
急速な近代化で欧米の脅威を退けるという途方も無い大事業達成のため、
自ら尊皇攘夷の鬼となり捨て石となるという一種の決意表明みたいなもの。




236: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/09/03(木) 15:14:20

日本で宗教戦争は起こらないのは織田信長のおかげ




237: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/09/04(金) 00:59:40

昔っから日本では坊主が神輿担いだり、ヒンズー教の神と道教の神を一緒くたに拝んだりするぐらい宗教には無頓着な民族だから、
信長がいなくても宗教戦争とは無縁でしょう。




239: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/03/17(水) 16:32:44

イデオロギーから来る宗教戦争はもとからあまりないだろうが
寺社のすさまじい武装化を信長が削いだのは事実

実際それ以前の比叡山なんて宗教団体というよりは完全に軍隊





242: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/06/30(水) 02:39:39

延暦寺も京を焼き討ちにしている




243: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/07/01(木) 09:45:47

延暦寺の寺名は元号の延暦から命名された
延暦寺の僧、天海僧正は延暦寺のコピーを江戸に造る時、延暦寺にあやかり
当時の元号から寛永寺と命名した。




249: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/07/15(木) 23:26:52

鷹狩りの途中で偶然立ち寄った寺での秀吉と三成の三杯の茶の出会い。
実は秀吉の側室だった三成の一族からの推挙で、秀吉が三成に
会いに行った、予定されていた行動だった。




250: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/07/20(火) 00:16:00

伊達政宗の趣味は料理




255: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/10/01(土) 14:10:03.23

赤穂浪士が吉良邸に討ち入りした時、前後の門前で、大石内蔵助・大石酒税が太鼓を叩いているシーンが映画等ではよく使われているが、近所迷惑や吉良側の追っ手に討ち入りを知らせる事になるので、実際の討ち入り時は見張りが見張っていた。




256: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/03(金) 20:23:40.32

「火薬」はルネサンスの三大発明のひとつだが、
不老不死の薬を開発する過程で出来た偶然の産物。





257: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/05(日) 19:54:19.07

魔女は今でも実際にいる
正しくは妖術(占い、シャーマン)系統の職業とする女性




262: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/19(日) 09:05:46.36

スレタイからは想定外の内容の豊かさ…
まさかの良スレ!アゲ

コレがあるからオモロイんだけど…ガセや釣りもありそうですね?





263: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/26(日) 01:11:59.13

鬼平で有名な長谷川平蔵宣以の持病は痔




267: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/05/03(木) 08:13:44.97

佐久間象山横死に関し、新選組が現場検証を実施し、
馬を道具として刺客らに反撃した形跡有り、
武士道にもとる破廉恥行為である。
として、幕府筋に報告を上げた。
馬を攻撃の道具として使ってはならぬ、
というのは戦国時代の掟であるのだが、
結局この理が通り、佐久間象山家は断絶、
子はレッキとした浪人となり、周囲の薦めで
新選組に入隊した。




271: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/05/12(土) 18:37:45.22

鹿児島の城には風呂が無かった




272: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/05/13(日) 13:13:08.31

大黒屋光太夫と言えばロシアの印象だが、彼が漂着したアムチトカ島は現在アメリカ合衆国の領土。




273: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/11(月) 02:38:33.92

研究熱心な榎本武昭は隕石には特種な鉱物がある事に気付いていて、積極的に隕石を収拾していた。
更にその収拾した隕石を原料としてに榎本はドス(小刀)を数本造っている。





274: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/12(火) 02:37:08.23

志村けんのバカ殿様は徳川家重がモデル




277: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/17(月) 13:36:16.79

高杉晋作は剣術の腕はまあまあだった。




278: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/23(日) 23:55:22.02

武家政権が「幕府」と呼ばれるようになったのは、江戸時代の中期。




280: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/18(木) 23:12:32.16

グリゴリー・ラスプーチン
ロシア帝国を亡ぼす切っ掛けを作ったと言われる怪僧であるが、彼の神憑り的な祈祷の力を完全に信じ込んだニコライ2世は側近として扱ってしまう。
元々農民出身のラスプーチン。生まれつき人間離れしていたモンスターぶりは肉体的な面も大きい。
ガタイもデカく生命力が異常に強く、絶倫ぶりたるや並のロシアの男と比べものにならない程に群を抜くと言われていた。
そして最も問題になったのが、その素行の悪さであった。手当たり次第にヤりまくる獣と化したラスプーチン宮廷内ではめまくる。
困った事にラスプーチンの巨根は宮廷内ですっかり評判になり、秘密裏にハメたがる女が続出。
次第に秩序を乱す素行と政治に口を出しはじめた事が問題視されはじめ、側近によって最終的に毒を盛られ暗殺される。
食事に毒を盛られるも一切効かず、業を煮やした側近達は襲いかかり、タコ殴りの血だらけにしてしまう。それでも死なないレスラー並の生命力。
最期は極寒の外に放り出され、河の氷を砕いた中に沈められる。死因は溺死となっている。
その異端ぶりと謎めいた生き様は様々な歴史研究家も興味を持ち、本や小説が残される事になる。
…ラスプーチンの巨根は死後に局部を切り取られ、今でもホルマリン漬けとなって標本になっている。
萎えた時点でもそれなりの大きさであり、これが最大時にはどうなるのかはご想像にお任せする。
とある検索画像で見れはするが、予めグロ注意。




281: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/20(土) 08:48:34.01

19世紀、ロシアとメキシコは国境を接していた。




282: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/17(土) 18:04:45.62

16代目の徳川家達は、シーメンス事件で山本権兵衛内閣が辞職後
組閣の大命降下を受けるも熟考の末に辞退した。第4代貴族院議長。
ワシントン会議には幣原喜重郎、加藤友三郎と共に日本全権として出席。
(しかし高校教科書では、3人のうち家達のみ記述されていない)




284: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/18(日) 09:27:03.18

聖書では悪役のポンテオ・ピラトは、若手実戦派軍人。
ティベリウス帝は、その治世の晩年に、
シーザーがやり残した事業、すなわちパルティア遠征を
やり抜こうとした。ユダヤ王国を解体し、自治国格から
属国よりも下位の属州にまで格下げして、軍事進駐権を確保し、
パルティア遠征の前線基地と位置付けた。
そして、お気に入りの戦闘的将校ポンテオ・ピラトを
属州総督に親任したのである。
ポンテオ・ピラトは、日本でいうなら、近藤勇のごとき人物である。
近藤勇は七人の屈強の部下を引き連れ京都へ行く。同じように
ポンテオ・ピラトは七人の屈強の百卒長を率いて、
エルサレムに赴任したのである。




285: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/02/22(金) 16:21:29.04

スペインにはパンツにかけて勝利を誓った女王がいた

カスティーリャ女王イザベル一世




290: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/09(火) 11:59:20.68

缶詰はナポレオンのロシア遠征のために開発された。
 当時は細菌の発見以前で、開発者もなぜ缶詰にすると長持ちするのかは原因不明のまま製造
 密閉技術が粗末だったため、ほとんどの缶がガスで膨らみ、腐ってしまったとか




304: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/02(月) 04:25:31.12

>>290
缶切りが発明されたのはその50年後




307: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/26(土) 18:51:28.33

>>304
それまでは斧で叩き割ったりしてたらしいね
中身ぶちまけそうww




291: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/09(火) 12:08:21.98

WWⅡのアメリカ軍はアイスクリーム車を従軍させた




293: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/11(土) 09:53:43.79

>>291
大和にはラムネ工場があった




295: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/22(水) 09:40:44.41

江戸時代の日本には、薬草専用の銀貨があった

18世紀初頭、対馬藩による朝鮮人参買い付けに用いられた「人参代往古銀」である




297: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/25(土) 18:35:25.31

レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」は、作者が画材の選択を誤ったせいでボロボロである




303: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN

ww2で銃もたんで弓とバグパイプと剣持って戦場出た奴がいる




311: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/05/23(金) 18:10:45.26

17世紀のフランスでは、染物屋が紅花を使うのを禁止していた




315: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/07(月) 14:06:47.98

中国最古の医学書の一つとされる「黄帝内経」には、精神医学の概念があった




317: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/16(水) 10:50:20.13

金属のスズには-10℃以下で脆くなる性質があり、スズペストと呼ばれる

ナポレオンのロシア遠征の際には、同地の極寒で軍服のスズ製ボタンがボロボロになり、
ロシア軍の生物兵器だという噂に発展して、大いにフランス軍の士気を下げたという






【画像あり】元ZONEボーカルの現在wwwwwwwwww

Tehuさん(20)、将軍ヘアになって雑誌に登場!

【画像】ピルロがNYを歩くとかっこよすぎるwwww

同窓会で「うっかりSEX」してしまう女性の心理とは?

”絶対に死ぬ実験” を生き物でやるとかさすが50年前だわ

【愕然】 8万円の高級ソープ行った結果、とんでもないもの出てきてクッソワロタwwwwww

好きな人に昨日、告白してきたよー

こんな時間だし大学時代の不思議な話をしてみよう

契約社員って大変だな(´・ω・`)

俺「ところで、これミスったらどうなるんすか?」 おっさん「死ぬよ」 俺は工場を諦めた(動画あり)

【速報】あのエクアドルで巨大ミミズ見つかる。しかも毛が生えてる

トヨタ系就職したら人生イベント全部トヨタで済むという事実

スポンサーサイト

| 日本史・その他 | 23:00 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑





COMMENT

餃子ネタは歴史か?

| | 2016/06/08 03:38 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。