みちのく瓦版

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

無口で無骨 三河武士を地で行く武将 本多作左衛門について語ろう

erar
1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/11(日) 09:43:01 ID:tlqAVRzp

語らっしゃい







旧日本軍の各種航空機写真をカラー化に!①

市役所職員だけどクレーマーが怖すぎる‥‥

お前らの地元の神話とかお伽話、オカルトネタ聞かせろ

今、漁師を目指す若者が急増中!! ロマンあるね

【人間の骨】あの2人何してんだ…

【訃報】毎日シコる奴やばいぞwwwwwwwwwwwwwwwwwww

【呆然】ガチで3ヶ月お肉食べなかった結果wwwwwwwwwwww





3: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/11(日) 20:52:40 ID:vGe0CY6Z

いつぐらいまで何してたのかよく知らん
子孫とかは大名?




4: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/11(日) 22:44:13 ID:o9B8SrDs

小牧・長久手の後に秀吉の母親が人質として送られてきたときに粗略に
扱ったとかで秀吉の機嫌を損ねたため、家康が関東に転封されたときに
蟄居を命じられた。




5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/11(日) 23:03:26 ID:DprFX9Tv




6: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/12(月) 07:47:21 ID:5VAvjSlu

岡崎奉行




9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/18(日) 20:15:20 ID:9rw8qII1

「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」ってあるけど
お仙泣かしてるのは重次、お前本人じゃん(笑)。





185: 人間七七四年 2010/12/31(金) 13:10:29 ID:ZEDDfiEV

>>9
因みに、原文は
「痩さすな」が正解
泣かすなってのはどこで入れ替わったんだろうね




10: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/20(火) 21:59:18 ID:nlCxe46N

自分のことを捨て、ひたすら君主家康のために尽くした作左衛門を当時の人々は三河武士の手本としてほめたたえたとか




13: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/30(金) 21:39:52 ID:M4dBxHLD

小馬鹿にしてた井伊直政にあっという間に追い抜かれてるのが笑える




15: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/04(火) 08:07:44 ID:s+4+z5nr

のぶやぼじゃ隻眼だが、実際そうだったのだろうか




17: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/04(火) 14:35:17 ID:3Xi8BDOk

>>15
新聞の連載記事のコピベで申し訳ないが・・・

天正13(1585)年6月、44歳の時に背中に出来た「癰(よう)」と呼ばれる急性の腫れ物である。
最初、家康は小姓たちに命じ、ハマグリの貝で患部を挟ませ無理に膿(うみ)を押し出させようとした。
ところが、これが逆効果。ますます腫れ上がってしまった。当時「癰」は死亡率の高かった難病の一つ。
すっかり弱気となった家康は、内々に遺言まで言い出している。

 前年、家康は小牧長久手の戦いで秀吉の大軍相手に、織田信雄と連合して大いに武勇をとどろかせた。
そのころは、秀吉との正式和議の成立前だけに、ここで亡くなっていれば徳川家そのものも滅びたかもしれない。
その意味で、家康人生における“天下分け目”の大病だった。

 このピンチを救ったのが、老臣の本多作左衛門重次だが、強情な家康相手だけに事は簡単ではなかった。
重次は同じ病に陥った時、完治してくれた医師、糟屋長閑の診察を勧めた。しかし家康は、頑として受け付けない。
元来短気で知られる重次は、プッツンしてしまった。「下手な治療で犬死にするとは、殿は命が惜しくないのか。
今はもう何も言うことはない。先に腹を切るので今生のお別れを申し上げる」と、涙を流して席を立った。

 あわてた家康、家臣たちに重次を止めさせ「自分が死んでも、子孫を補佐する老臣が必要だ。
先腹切って何の益があるのか」と諭した。重次も譲らない。「これまで何度も戦場に供し、
片目は切りつぶされ手の指も切りもがれ、片足も不自由となった。殿が亡くなれば御家の滅亡は眼前。
こんな身で命永らえ路頭をさまよっても、あれが徳川家の古老と呼ばれた本多作左衛門よ、
と後ろ指さされては生きるかいもない」と。

 ここまで言われ、さすがの家康も観念、糟屋長閑の治療を受けている。




18: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/04(火) 16:17:51 ID:s+4+z5nr

>>17
なるほど、そんなエピソードがあったのか




19: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/04(火) 16:30:20 ID:mZ+wERY0

そのエピソードは名将言行録にあるね。




20: バロン曽志崎 2006/07/04(火) 20:52:40 ID:MpvviFRr

寛政譜からで申し訳ないが
「長篠合戦のとき重次敵七八騎の中に馳入、組うちして首を得たり。其余の敵
重次をうたむとす。重次相たたかつて創をかうぶること七箇所、また右の眼を
害なはる。」




29: 魔玉砲 ◆RX/MoGZ9xs 2006/07/21(金) 15:17:02 ID:7wasD+dJ

一筆啓上の碑に目をつけた地元で単文大会みたいなのも開かれたらしい
ところで結城秀康の母、お万の方を匿ったのは鬼作左だっけ?




30: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/23(日) 22:14:21 ID:n1OWk2Sf

>>29
確かそのはず。

忠勝も正信もろくにでてこないのに
酒井と石川と重次が徳川レギュラーな今年の大河は何気に凄いとおもう
特に作左はキャラが立っていておいしい役どころ。




31: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/24(月) 15:15:48 ID:aCMKNkm0

おまんは築山殿の侍女だっけね
そりゃ怒っても不思議ではないな




32: 魔玉砲 ◆RX/MoGZ9xs 2006/07/25(火) 08:11:45 ID:sSK0VjXg

家康も築山殿を恐れていたって言うわりには大胆な事するなぁ。

本多作左と言えば「作左が怒る」の立て札のエピソードが好きだな。
なんか和む




33: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/25(火) 15:07:29 ID:250M6HAG

高力清長や天野康景が作左の人気を羨んだってホント?




34: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/08/04(金) 13:42:32 ID:EPr7+mWz

高力清長が仏と称されたのは
三河一向一揆鎮圧の際、仏像や経典の紛失を防ぎ、
後に一揆集に返したからだそうだ




35: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/08/12(土) 15:22:53 ID:yLGBMV4j

作左の主な戦績

・三河一向一揆平定で活躍
・三方ヶ原に参戦
・長篠で活躍、右目を失う
・長久手で森長可を討つ

これぐらいかな?




36: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/08/12(土) 19:21:15 ID:C/weCylC

>・長久手で森長可を討つ

これはそうなの?
ソースキボン




37: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/08/13(日) 11:56:20 ID:9JURzeVT

ちょっと見たが、森長可の首は?だね

森長可は井伊の鉄砲隊に撃たれて死亡
+首は本多八蔵が挙げた説はあるみたい




38: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/11(水) 13:58:56 ID:PwCEmz/4

満身創痍の内政家かな?

戦の指揮能力はそこそこ。
他に優秀な指揮官が多いので目立たないのかも。
傷だらけの武将なのに、やはり内政手腕の方で有名というか。




39: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/28(土) 14:37:12 ID:ke2Z418q

気性は荒く、武にもすぐれていたが、
正義感が強く、加えて民を思う心があったから三河奉行としては、成功したんでしょう




44: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/19(日) 01:01:06 ID:4adr1OEH

兄貴が病弱だったから家督ついだんだろ。
で、その子どもを引き取って秀康につけて秀吉んとこに送りつけた。
その子どもってのが本多富正。




45: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/19(日) 01:29:17 ID:16bXzT9U

どうしても秀康の傅役のイメージが強いな




52: 人間七七四年 2007/03/27(火) 22:18:36 ID:bMkMAfJl

山岡の徳川家康だと石川数正と本多作左がうそ臭いくらい良い奴らになってるよな。
特に本多作左の場合、凄まじい智謀の将になっちゃってるが、
かなり違和感。




53: 人間七七四年 2007/04/20(金) 10:18:47 ID:bnFw2lOg

作佐って智謀の将というよりは、実直(愚直)な実務家のような印象を受ける




54: 人間七七四年 2007/05/08(火) 14:58:50 ID:aUGrUk5O

お仙こと成重は越前丸岡4万石の藩祖なんだね




55: 人間七七四年 2007/05/24(木) 11:59:01 ID:RBPbd0n9

成重って大坂の陣で大活躍してるだな




56: 人間七七四年 2007/06/28(木) 10:13:04 ID:4Rts220K

で本多重益の代で改易




66: 人間七七四年 2007/11/27(火) 15:40:10 ID:mPpAajwQ

井野領での事績をみてもすぐれた民政家なのがわかるね。




67: 人間七七四年 2007/11/27(火) 21:24:13 ID:d3T3QMwk

この人ってなんでもできたんだよね。
駿府館城代、小田原の役では徳川水軍の総大将もやってるみたいだし。




68: 人間七七四年 2007/11/28(水) 15:14:51 ID:hjVXJd/j

忠勝は立ち葵と丸に本の字が家紋だけど、重次も同じだっけ?
立ち葵なのは間違いないと思うけど。
本多氏はこの2つは共通か。




69: 人間七七四年 2007/11/29(木) 11:57:01 ID:6A4rm1Kc




71: 人間七七四年 2007/12/26(水) 14:18:56 ID:5NFiHoHO

この人お仙がかわいくて仕方がなかったのかな。
秀吉から奪い返したりして。




74: 人間七七四年 2007/12/27(木) 16:51:22 ID:cHtbxtn7

鬼作左と呼ばれた人。

本多姓の侍が多い中で、この人と、平八郎忠勝は異能の存在。

あっぱれな武士だのう・・・。




75: 人間七七四年 2007/12/27(木) 20:25:26 ID:Tqs+ku5W

本多で異能といえば筆頭が正信




76: 人間七七四年 2008/01/15(火) 16:56:27 ID:pO0cY4FS

この人も充分異能だと思うなあ。
それとも異色かな?




77: 人間七七四年 2008/02/02(土) 15:30:08 ID:7tcBxVYb

気短で怖いから鬼と言われたんだろうけど
この人の場合 民政家として領民からも慕われてたからな。




78: 人間七七四年 2008/02/16(土) 16:10:41 ID:yCZSI0uO

戦働きは大したことないんですかね?




79: 人間七七四年 2008/03/03(月) 16:48:19 ID:dzKUBRRm

三方ヶ原で活躍してるじゃない。




80: 人間七七四年 2008/03/18(火) 15:42:24 ID:65Sge4IL

殿を務めたんだよな。




81: 人間七七四年 2008/04/02(水) 16:27:27 ID:i3wRRdUS

大政所にあんなことしちゃうとは 並の人物ではないな。




85: 人間七七四年 2008/05/15(木) 17:32:06 ID:CSD3QBQ+

殿はバカじゃ!
寝取られ野郎じゃ!不能じゃ!

(,,゚д゚)

ギコみたいな性格の家臣やな




87: 人間七七四年@全板トナメ開催中 2008/06/01(日) 12:29:26 ID:8PZOqYiZ

しかしこの性格と一筆啓上のギャップがまた作左の魅力やな。




102: 人間七七四年 2008/08/10(日) 08:23:41 ID:8B5pA8zh

高札の話がすごく好きだ。「右に背くと作左が怒る」ってwwwwwww
脅しをかけているようなかけていないような微妙な言葉使いがすごく良い。
横光でもその話入れてくれればよかったのに




117: 人間七七四年 2008/12/03(水) 17:28:06 ID:Er6e7FdC

本多作左衛門の原風景って本を買うべきなのか今凄く迷ってる




149: 人間七七四年 2009/04/18(土) 22:51:30 ID:9HrBdwQo

最後は蟄居だっけ?




150: 人間七七四年 2009/04/27(月) 15:04:28 ID:ghMzrNZc

上総でね。




152: 人間七七四年 2009/05/19(火) 12:22:38 ID:Zpr6Ixzy

>>149
嫡子が取り立てられて諸侯に列しているよね?




155: 人間七七四年 2009/05/27(水) 15:46:18 ID:+lc2JI00

世渡りはみんな下手だね三河者。




157: 人間七七四年 2009/06/06(土) 14:07:05 ID:2E4lOzOk

結果論からいえばあれだけ大名になったんだから 世渡り下手じゃないよ。




158: 人間七七四年 2009/06/11(木) 18:30:33 ID:HbE1upSO

だね。
当時大名になれたヤツが世にどれだけいるんだっての。




159: 人間七七四年 2009/06/23(火) 15:55:39 ID:6Te9dlEl

譜代なのだから当然なのだが。




160: 人間七七四年 2009/07/02(木) 15:21:39 ID:FPcI8FsV

4万3千石はまあまあの方だよね。




161: 人間七七四年 2009/07/11(土) 15:30:14 ID:a/iaRBvx

太閤との一件があったわりにはな。




163: 人間七七四年 2009/07/22(水) 14:11:03 ID:ok3URzEp

よく残れたと思う。




166: 人間七七四年 2009/08/21(金) 14:50:07 ID:5yrZEQOI

三河譜代じゃ重要人物。




167: 人間七七四年 2009/09/01(火) 15:36:02 ID:cCTQDX+F

忠勝とは5代前の先祖が同じ というぐらい遠い親戚なのね。




168: 人間七七四年 2009/09/10(木) 15:17:58 ID:QpPSqde5

特に仲がいい感じもない。




170: 人間七七四年 2009/10/01(木) 12:44:45 ID:CXF6+hrO

武の忠勝、知の正信、政の重次




171: 人間七七四年 2009/10/11(日) 11:36:33 ID:8NyG2c31

政と言っても三河奉行だけどね。




172: 人間七七四年 2009/10/16(金) 21:39:24 ID:drmL+sNN

でも浜松での奉行相当の業績も忘れられないね。
やはり時代変化によっての奉行職の分化とかいろいろな考えも
浮かんでくるね。




173: 人間七七四年 2009/10/26(月) 15:49:38 ID:fMBFGtg2

規模が大きくはない戦国大名の内政には適してたね。日ノ本の政となるとどうだろう。




174: 人間七七四年 2009/11/06(金) 15:26:50 ID:oSzLicPD

勘定とかは意外と得意かも。






常に誰かと繋がってたい女っているよなwwwwwwwwww

【激写】酒に酔った大学生がカラオケボックス内で筆おろし → 一緒にいた仲間に撮られるwwww

バーベキュー場にいた残りの2人の女性ともヤれた件

わい、会社のデスクにゲロを吐くwwwwwwwwwww

【話題沸騰】“漫画史上最も美しい第1話”と絶賛の漫画をご覧ください

【画像】リクルートスーツ姿の女子大生の清純エロさは異常wwwwwwwww

JR福知山線脱線事故ヤバすぎわらえないwwwwwwwwwwwwwww

育 ち が い い 奴 の 特 徴 wwwwww

東京ゆるすまじ

全校生徒を掌握し、一人で学校を変えていった変人生徒会長の話しを語っていく

【過激】AKB48からAV女優になった橘梨紗のデリヘル勤務wwwwwww

【悲報】長澤まさみ「緊縛剃毛写真」流出 不正アクセス犯が拡散か
スポンサーサイト

| 日本史・戦国 | 17:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑





COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。