みちのく瓦版

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【大刀から】日本刀の起源【太刀へ】

kdxn
1: 日本@名無史さん 2016/04/10(日) 14:59:48.72

古来より武士の魂と言われて来た日本刀
実利の武器であると同時に精巧で優美な造りから辟邪信仰の対象ともされた
北宋の当代随一の碩学・欧陽脩(1007~1072)が「日本刀歌」を詠んでいる
(※焚書坑儒で失われてしまった中華文明を日本刀に見出そうとする意味合いがあるが・・・)

また、その起源を蕨手刀に求める説に従えば最古のものは信濃国から出土しているし
日本刀への過渡期とされる毛抜型太刀の最古のものも信濃国から出土している

鎬作りで反りのある太刀(刃長二尺以上の日本刀)はいつ?誰(どのような集団)によって生み出されたのか?
大いに語ってください






【画像】日本人の食べられない生き物に対する仕打ちワロタwwwww

【怖い話】深夜にトイレに起きると電気が付けっぱなしの部屋が。すぐに消灯してでるつもりが、部屋にあった動く「財布」をみて思わず硬直…

【画像】各国の国民性ジョークを貼るスレ

おい!!朝まで生テレビ!見ろおおおおおおおおおおおおおおおお

【閲覧注意】古代の巨大鳥がヤバ過ぎると話題wwwwwww

2年前に極道の世界から足洗ったけど質問ある?

押井守「俺がアニメを作らなくなったのは、一緒に作る職人がいないから」

3: 日本@名無史さん 2016/04/10(日) 19:15:34.96

たたら製鉄で得られる玉鋼では古刀(室町以前の太刀)の作刀は不可能だと聞いたことがある
成分分析の結果、輸入鉄の可能性が高いそうだ
現在伝わるたたら製鉄は江戸期以降の技術らしい




22: 日本@名無史さん 2016/04/11(月) 21:11:20.40

>>3
古代のたたらは砂鉄じゃなくて餅鉄を使ってたからだろう。
使いやすい塊があれば使いやすいのが入手困難になるまで使うのが人間だからな。




4: 日本@名無史さん 2016/04/11(月) 06:30:09.42

日本刀の変遷は奥が深いね

例えば江戸時代以降、主流となる刀(打刀)の発生時期は意外と古く平安末期にまで遡る
検非違使の捕縛吏などが携帯していた




6: 日本@名無史さん 2016/04/11(月) 18:02:14.01

毛抜形刀は二振の出土例がある

北海道江別市から一振 (刃長約二尺、平造りで強い反り、柄先に蕨の突起を残す)

秋田県五城目岩野山古墳群からもう一振 (刃長一尺六寸五分、柄を鐔元で急激に反り上げて蕨の突起は無い)
※年代鑑定で元慶年間(877年-885年)頃




7: 日本@名無史さん 2016/04/11(月) 19:08:34.54

金属器や有機物の遺物の出土例が少ないのを酸性土壌のせいにする通説がまかり通っているが
本当か?




9: 日本@名無史さん 2016/04/11(月) 19:10:52.99

>>7
つまり他にどういう理由があると?




376: 日本@名無史さん 2016/04/21(木) 08:34:34.27

>>7>>9
金属器が腐食し易いのは酸性土壌のせいかもしれないけど
青銅器に比べて鉄器の出土例が極端に少ないのは酸性土壌でも普及率が低かったのも原因ではないよ
鉄器の炭素含有量が多かったから錆が内部まで浸透して朽ち果てたわけ




11: 日本@名無史さん 2016/04/11(月) 19:40:45.33

古代の交易路に沿って文化も伝播したということ




13: 日本@名無史さん 2016/04/11(月) 20:08:01.41

日本の武家政権じゃ~大陸から逃げてきたよ~な刀職人に作らせたけどな




14: 日本@名無史さん 2016/04/11(月) 20:10:40.97

特に岡山あたりは中国で政権が変わるたび混乱が起こるだろ
それで渡ってきた職人らを優先的に住まわせ自分らで使う刀や武具を作らせたんだよ




18: 日本@名無史さん 2016/04/11(月) 20:19:54.05

>>14
吉備氏が大和朝廷の外交を担っていたという説があるね




15: 日本@名無史さん 2016/04/11(月) 20:13:49.26

毛抜形刀が作られたのは渤海が滅亡した頃だな




16: 日本@名無史さん 2016/04/11(月) 20:17:19.51

都合のいい妄想はいらんがな




20: 日本@名無史さん 2016/04/11(月) 20:37:14.91

いや渤海ラインの可能性も十分あると思うね
先ずこの時期、新羅とは断交状態だし遣唐使よりも渤海使の来航頻度が多い




17: 日本@名無史さん 2016/04/11(月) 20:19:06.40

特に岡山あたりが発達したのは室町時代の話さ

スポンサーに足利政権がついたからな




27: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 01:27:57.93

日本刀の反りは蝦夷刀が元になっている




29: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 01:39:33.22

年代測定によると秋田県五城目から出土の毛抜形刀が元慶年間(880年代)、長野県塩尻市宗賀から出土の毛抜形太刀が永延年間(980年代)
タイムラグを加味して貞観年間からの120年間で日本刀(太刀)が登場したと仮定すると

この時期に起こった主要な治安・軍事行動は
865年(貞観7年)上総俘囚叛乱
866年(貞観8年) 応天門の変
869年(貞観11年)新羅による貞観の入寇
875年(貞観17年)下総俘囚叛乱
878年(元慶2年) 元慶の乱
889年(寛平元年)寛平・延喜東国の乱
935年(承平5年) - 941年(天慶4年) 承平天慶の乱
969年(安和2年) 安和の変

初めて日本刀(太刀)が実戦で使用されたのはこの何れか以降だろう




30: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 01:47:58.98

平 将門(たいら の まさかど、-將門)は、平安時代中期の関東の豪族。
平氏の姓を授けられた高望王の三男平良将の子。
桓武天皇5世。
下総国、常陸国に広がった平氏一族の抗争から、やがては関東諸国を巻き込む争いへと進み、その際に国衙を襲撃して印鑰を奪い、京都の朝廷 朱雀天皇に対抗して「新皇」を自称し、東国の独立を標榜したことによって、遂には朝敵となる。
しかし即位後わずか2か月たらずで藤原秀郷、平貞盛らにより討伐された(承平天慶の乱)。
死後は御首神社、築土神社、神田明神、国王神社などに祀られる。
武士の発生を示すとの評価もある。
合戦においては所領から産出される豊富な馬を利用して騎馬隊を駆使し、反りを持った最初の日本刀を作らせたとも言われる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%B0%E9%80

死没 天慶3年2月14日(940年3月25日)




31: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 01:50:21.91

暗殺に刀が使われたと仮定して、蝦夷・蘇我入鹿を殺した時に使われた刀って何刀に分類されるんですか?




33: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 02:12:18.48

>>31

ここら辺じゃないかな⇒蕨手刀
           ↓
           毛抜形蕨手刀
           ↓
           毛抜形刀
           ↓
           毛抜形太刀




32: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 01:52:29.74

平将門の母方、犬養一族は蝦夷と混血していた




34: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 02:21:11.89

蝦夷・俘囚鍛冶の作刀による蕨手刀は太刀ではなく後世の腰刀~打刀へと発展する
大和鍛冶の作刀による蕨手刀(正倉院の黒作横刀、群馬県の大宮巖鼓神社)は小烏丸を経て太刀へと発展する




35: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 02:27:27.67

日本書紀とかに出てくる多知宇知に使ってた刀ってやっぱり直刀ですか?




87: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 21:16:48.05




37: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 02:32:23.82

蝦夷が使っていた蕨手刀はただ長尺にしても重すぎて実用的ではない
二尺三寸以上の太刀揃にするには大和鍛冶による軽量化技術が不可欠




38: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 02:37:19.01

源氏の奥州征伐で炭素の割合と焼き入れ時のコツが流出して鎌倉時代に量産




49: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 06:54:15.11

>>38
たたらや浸炭法が無くても、原始的な低温製鉄&鍛鉄精錬で少量だけど上質な鋼が得られるんだがな

答え→叩いて叩いて叩きまくる




39: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 02:40:07.69

磐舟柵とかで蝦夷とか俘囚とかと戦う時に使ってた刀剣類って何形に分類されるんですか?




41: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 02:55:07.09

>>39
投石と弓と槍だよ




42: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 03:04:28.30

じゃあ蝦夷とか俘囚には、蕨手刀と石と弓と槍で持って戦ってたんですね、ありがとうございました。




40: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 02:47:43.62

舞草鍛冶は大陸から直接、日本海を渡ってきたの渡来人とされている




55: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 13:40:30.32

中国大陸の漢人は鋳鉄で武器を作っていた
北狄・西戎はたたらを用いて鍛鉄で武器を作った
(オルドス文化→匈奴→突厥→満州人)

日本刀はたたらを用いて鍛造するので北方民族の系譜だということ




58: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 16:21:29.75

http://www.geocities.jp/habane8/z/26r.htm

このサイトで鉄と白鳥伝説に関して書いてあるけど重要な部分が抜けてるね
蝦夷の神話において天子降臨するアイヌラックルの母は白鳥姫レタッチリ
反りのある日本刀の起源は蝦夷刀




59: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 16:43:33.60

蝦夷とアイヌ民族の関係はイコールで結ばれるものじゃないよ。

アイヌ民族は擦文時代末期に樺太経由で北海道に入った異民族だとしている自治体が北海道にもあるくらいだからね。

蝦夷刀が反りのある日本刀の起源であったとしてもアイヌ民族と結びつけるのは根拠がないよ。




60: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 17:02:43.47

蝦夷の一部が13世紀にアイヌとして形成されたから
アイヌ ⊆蝦夷ということ




61: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 17:13:15.31

そうそう、その通りだと思うよ。

それを先ず最初に書いてくれれば何でもアイヌの手柄にする人達に悪用されずに済むね。




62: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 17:49:42.61

中国の青龍刀は青銅剣時代からそのまま鋳造鉄剣に移行してるからな

朝鮮で主流だったのも同じく青龍刀




63: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 17:53:05.89

九州あたりで出た銅矛だのも作りは中国で主流だった青龍刀と同じなんだよ

日本が半島情勢で圧倒的に優位になった理由が日本刀って言われてるしな




64: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 18:02:39.40

半島情勢も初期においては半島側の方が優勢だったとかって話もあら~な~

仏教導入したおかげなんだか知らんが日本が手にいれたのはタタラ製鉄

鉄剣自体を叩き上げて作るから強度が比較にならないくらい硬いんだよ




69: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 18:20:36.65

>>64←こいつは日本の製鉄は6世紀からと主張するかなり古い頭のおじいちゃんだからね




65: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 18:14:15.22

朝鮮半島は禁軍は日本刀
李舜臣の愛刀も日本刀
http://livedoor.blogimg.jp/greatprc-you1/imgs/a/b/abb6220c.jpg




66: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 18:15:40.65

つーか
明の正規軍の武装が日本から輸入した日本刀だったよな




68: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 18:18:06.70

古刀とそれ以降の新刀・新新刀とでは作刀構造に違いがある

古刀は驚くほど構造がシンプルであるのに対し、それ以降の新刀・新新刀は性質の異なる鋼を組み合わせて作刀しているのである。
極限まで軽量化された古刀が併せ持つ切れ味と強靭性を再現する為に芯鉄・包み鋼などの工夫がなされている
ひとえに入手不可能となった日本刀に最適の鋼と失われた作刀技術を補完する為に




70: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 18:23:46.40

明軍は日本刀派と青竜刀派に分かれていたとか
http://totallyhistory.com/wp-content/uploads/2011/12/painting-of-Ming-Dynasty-military-calvaries-and-weapons.jpg
http://totallyhistory.com/wp-content/uploads/2011/12/painting-of-Ming-Dynasty-military-calvaries-and-weapons.jpg

武備志を書いた茅元儀は日本刀派で「精工なること比類なし」と絶賛する一方、青竜刀は「見栄えだけ戦陣においては使いものにならない」とボロカス




71: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 18:38:26.18

古刀が青いってのは

今の玉鋼より質の悪い鋼を使ってたからじゃね?

結果的に日本刀の質として良くなったかどうかは別として




72: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 19:32:47.53

もっと刀身が短くて刀身の太いやつも出てるんだけどね

持つとこの柄は布で巻いたよ~な簡素なやつ

殺傷力はこっちのが高いよ

長刀はどっちにしろ折れやすい




73: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 19:37:56.18

あとは古代中国なんかにゃ面白い刀も出てるんだよなw

釣り針みたいな形をした刃の部分もついてるやつ

剣を振ったあと引きながら相手を斬ることもできる

なんであの国、刀剣に関しては退化したの?




74: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 19:42:06.95

本当にね~

人間を殺すことに関しちゃあらゆる角度から追求してる痕跡みえるんだけどね




76: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 20:01:25.23

玉鋼を使用して現在の刀匠に弟子入りしても古刀のレプリカは作れない
何故なら刀匠自身が古刀の作刀法を知らないからである




77: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 20:04:08.17

誰一人知らんがな




78: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 20:07:48.77

玉鋼じゃなくて左下鉄を使って作ったからである




79: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 20:12:41.68

左下鉄を使って作って古刀のように青くなれば証明完了で良かったね




80: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 20:13:43.02

日本の古刀と並び作刀法が謎なのがダマスカスの剣




81: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 20:20:50.79

焼き入れのあとおしっこ(尿)で急激に冷やす
そうするとアンモニア成分が化学反応を起こして鋼の表面に防錆の被膜層が形成される




82: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 20:24:22.73

古刀は死体の血で焼入れ冷却したんだってさ




83: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 20:27:11.33

身分の高い武士や公家が帯びる太刀ゆえにこの作刀法は秘伝とされ門外不出となった




84: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 20:41:47.57

極厚の一枚ガラスと同じ厚さの硬軟多重の防弾ガラスなら比較にならない程に丈夫さが違うのである
甲伏せをやめ刀も防弾ガラスの様に多重構造にすべきである
したがって日本刀として最も適した造りは三枚合わせや五枚合せや七枚合わせや九枚合わせである




85: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 20:56:31.64

>>84
ところが古刀はその極厚一枚ガラスと同じ単純構造なのさ
凄いところは切れ味の良さと強靭性を兼ね備えてるとこ

良く切れる刃先を顕微鏡レベルで見ると極細ノコギリ状になっている
これは鋼に含まれる異物の粒子に起因するものと考えられる
強靭性の由来は謎である




86: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 21:06:36.41

最近売れてる力のいらないステークナイフは混合材の一枚ものだったよ。

所さんの目がテンでやってた。

他の人も書いてるけど細かくて鋭いノコギリ目が付くように丁度良い回数の鍛錬をして焼入れ焼き戻しさえすれば

折れず曲がらず良く切れる刀ができるって事だよ。

少なくとも人体程度の軟らかさのならね。

あと刃物は顕微鏡で見ると全部ノコギリだよ。




88: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 21:24:00.41

おそらく日本刀が誕生した時期の鋼材は大陸から輸入した粗鋼と国内で採れた自然鋼の混合材だったんだろう




91: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 21:44:21.28

刃物用ステンレス鋼とチタン合金を鍛錬して作り込めば古刀より優れた錆びず折れず曲がらず良く切れる刀の出来上がりだよ。

科学番組は役に立って良いね。




92: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 22:28:21.05

刀は新羅からの渡来技術なんだがな




93: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 22:45:10.55

新羅じゃなくて中国な
柄がローカルナイズされてる程度の違いで作刀技術は新羅も倭もほぼ中国の流用
漢代の画像石にはすでに環頭太刀そのものが見られ以後唐に至るまで変化なし
http://pds.exblog.jp/pds/1/200506/05/36/d0065236_7105799.jpg

朝鮮は上の画像そのまんまの刀をずっと使い続けていたが李朝に入ってから日本刀が使われるようになる




94: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 22:52:29.60

反りあり両手持ち片刃刀は日本で発祥だろ。




95: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 22:54:56.45

あ間違った、反りあり両手持ち鎬造り片刃刀だな。
世界の日本刀のイメージはそういうのだろ。




96: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 23:05:30.75

西国守護大名の細川&大内が日本刀と硫黄の輸出で大儲け




97: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 23:14:02.10

南蛮鉄で造られた最初の日本刀はどんなんだろう?




108: 日本@名無史さん 2016/04/13(水) 11:29:55.29

>>97
最初に南蛮鉄で刀を打った刀匠は初代越前康継 慶長十八年(1613年)

また南蛮鉄で打った刀は華やかな濤瀾刃を特徴とする その代表は大坂新刀鍛冶の助広




99: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 23:25:52.44

あまり知られていないけど中世、良質の鉄を生産していたのはベトナムやカンボジア
インド伝来の製鉄技術らしい
アンコールワットなどはその富による恩恵




101: 日本@名無史さん 2016/04/12(火) 23:42:36.73

製鉄技術を独占していたヒッタイト帝国は他民族に目方あたり金の8~20倍の高値でボッタクリ商売をしていた
アッシリア商人の恨みを買って「海の民」をけしかけられて荒廃し衰亡させられたでござる
その後、製鉄技術は世界中に拡散していく




104: 日本@名無史さん 2016/04/13(水) 00:45:19.04

ヒッタイトが鉄を販売していた証拠はない
つうか現在ではアッシリアのほうが早くに鉄器時代に移行していたというのが有力
更に言うとヒッタイトは海の民が来る前にはすでに滅亡していた




105: 日本@名無史さん 2016/04/13(水) 00:53:24.68

>つうか現在ではアッシリアのほうが早くに鉄器時代に移行していたというのが有力
誰の説?




116: 日本@名無史さん 2016/04/13(水) 21:58:20.32

>>105
http://blog.goo.ne.jp/blue77341/e/426b9a23634e1fd3726e33cd495f6144
>だが、カマンではヒッタイトより古い紀元前1950年~前1750年のアッシリア商業植民地時代や、その下の紀元前2100年~前1950年頃の前期青銅器時代の層からも、鉄や鋼が出土し、世界最古の鉄生産がヒッタイト以前に始まっていた可能性が高まっている。




106: 日本@名無史さん 2016/04/13(水) 01:01:27.27

ヒッタイト帝国のシュッピルリウマ2世は海の民と海戦して勝利してるんだが




103: 日本@名無史さん 2016/04/13(水) 00:11:44.30

当時、米があまり穫れない東北の舞草鍛冶は関東武士相手にぼったくっていたのかもな
そんで頼朝の奥州征伐で意趣返しされたのかも?




107: 日本@名無史さん 2016/04/13(水) 07:51:13.37

餅鉄は河原で採取出来る石ころのような形の磁鉄鋼で、その60%が酸化鉄と言われるほどの高純度の鉄鉱石で、作刀の妨げとなる不純物の含有率も低い
主な産地は陸奥国北上川流域

餅鉄を原料にズク押し法で得られた銑鉄を脱炭して作られた左下鉄あるいは更に鍛錬脱炭させた包丁鉄を逆に浸炭加工して作られたのが舞草刀ではないかと言われている




109: 日本@名無史さん 2016/04/13(水) 11:54:28.46

玉鋼を用いた新刀に批判的で、復古鍛錬法を提唱したのが新新刀刀工の水心子正秀
復古鍛錬法とは鎌倉時代の作刀法に帰るべきであるとする考えである

水心子正秀は初期には好んで南蛮鉄を使用して濤瀾刃が美しい刀を打ったが材料である南蛮鉄が枯渇すると
作風を復古鍛錬法に変えたと言われている




110: 日本@名無史さん 2016/04/13(水) 12:10:38.09

たたら製鉄の玉鋼ってダメじゃん
どうして日刀保はあんなものに大金をつぎ込んだんだろう?
国の補助金目当てか?
それとも本当に作刀法の研究を怠けているのか?




111: 日本@名無史さん 2016/04/13(水) 12:21:35.48

文科省の行政に問題があると思う
新参者の江戸時代後期の技術でも「伝統を守る」として「保存する」ことを尊ぶクダラン風潮




112: 日本@名無史さん 2016/04/13(水) 16:18:17.12

玉鋼の価値は歩留まりがいいのとこれを使って作刀された日本刀の見た目が美しいぐらい




113: 日本@名無史さん 2016/04/13(水) 19:21:51.27

ところで斬馬刀みたなんはホンマに馬ごと切れたんかね?




193: 日本@名無史さん 2016/04/16(土) 03:12:31.63

>>113
遠くから馬の脚を斬って落馬したところをグサリ。




119: 日本@名無史さん 2016/04/13(水) 23:35:18.53

日本刀が現在知られる形で完成するのは平安末期だけどな
古墳時代から一応製鉄はされてたみたいだがな




128: 日本@名無史さん 2016/04/14(木) 06:49:15.55

古剣書に誇らしげに記述されてる童子切安綱の年代が大同(806年-810年)頃とされているのは虚偽


実際の伯耆国安綱は三条宗近、古備前友成らと同年代の刀工であり『観智院本』の記述も誤記である

『観智院本』記載される三条宗近の年代も永延(987年)頃ではなく平治(1159年)頃を少し遡る頃

さらに伯耆国安綱、古備前正恒、豊後国行平、三条宗近らの作と伝えられる太刀はその作風から舞草鍛冶の手による可能性が高い




177: 日本@名無史さん 2016/04/15(金) 16:22:53.22

正宗って炭素量が低めの軟らかめの鋼で作って、それを高めの温度での焼入れをしてたらしい。

もちろん適切な温度で焼き戻しもしてたんだけど、正宗は刃毀れせず粘りのある刃で対人刃物として評価が高まったんだと。




178: 日本@名無史さん 2016/04/15(金) 17:01:17.81

平安後期、大和伝は舞草鍛冶に影響を与え、鎌倉時代に舞草鍛冶は全国に拡散して相州伝にも影響を与えた




217: 日本@名無史さん 2016/04/17(日) 10:46:19.44

日本刀出現の謎は平安時代あたりの装束の変化と関係ある気がする
それまでは衣装も中国風というか、靴(?)を履いて頭から被るタイプの上衣、ズボンと言うスタイルだったのに、羽織って縛る着物、草履といういわゆる和装になった
遣唐使の廃止で独自化が進んだという見方もあるが、それまでの延長線上にあるスタイルには見えないので考えにくい
何より服装の変化の要因はいつの時代も他文化、外国の影響によるものでだ
平安時代に明らかになっていない外からの何かがあったとしか考えられない




230: 日本@名無史さん 2016/04/17(日) 19:02:31.58

>>217
>それまでは衣装も中国風というか、靴(?)を履いて頭から被るタイプの上衣、ズボンと言うスタイルだったのに、

頭から被るって多分貫頭衣のこと言ってるんだろうけどそっちのほうがむしろ日本古来のものだぞ

>羽織って縛る着物、草履といういわゆる和装になった

これは着流しのことだろうけどこんな格好するようになったのって江戸時代になってから
草履が普及するものずっと後のことで平治物語絵巻みても庶民はみんな裸足




220: 日本@名無史さん 2016/04/17(日) 11:13:02.10

>遣唐使の廃止で独自化が進んだという見方もあるが、それまでの延長線上にあるスタイルには見えないので考えにくい

そりゃ唐の様式を真似することをやめたんだから別にその延長線上のものにこだわる必要もないだろう
本当に延長線上にあるスタイルではないかどうかはひとまず置いておくとして




222: 日本@名無史さん 2016/04/17(日) 11:51:13.05

日本刀の誕生が謎なのは
作刀した流派(集団?)の興亡が関係していると思う

少なくとも主流派は大和鍛冶であり、俘囚の刀工が技術を習得し奉仕して作刀したのが毛抜形太刀




223: 日本@名無史さん 2016/04/17(日) 12:16:49.48

藤原仲麻呂の乱鎮圧が一つの画期だな

授刀舎人が編成され俘囚出身の武官が登用され道嶋嶋足は勲功により従七位上から従四位下に昇叙している
俘囚出身者にとって異例中の異例、破格の待遇である




225: 日本@名無史さん 2016/04/17(日) 13:33:22.48

>>223
孝謙朝までの地方豪族の極位は外従五位下という不文律が有ったからな




262: 日本@名無史さん 2016/04/18(月) 18:12:08.70

 正倉院と四天王寺の刀剣を全て研いだ小野光敬研師(人間国宝)の言葉

「地鉄が最も良いとされる平安・鎌倉時代の名刀よりも、共通して遙かに素晴らしい砥当たりである。
軟らかくて砥石に(刀身が)素直に食い付き、粘って腰がある」




266: 日本@名無史さん 2016/04/18(月) 20:00:19.85

>>262
こういう美術品としての評価と実用品としての評価はわけて考えないとだめだわ
明代に絶賛された倭刀とか実物見る限りではどう見ても素延べ作りの数打ち物だし
http://www.sishu.cn/bbs/attachment/24_3602.jpg




268: 日本@名無史さん 2016/04/18(月) 20:33:01.65

古刀の青みがかった地鉄の色合いは微量のチタンによるもの
推測される原料として一つは餅鉄(主な産地は朝鮮半島南部と陸奥国北上川流域)
そしてもう一つは川砂鉄をズク押し法で得られた地鉄を丹念に溶解脱炭し鍛錬した軟鋼




269: 日本@名無史さん 2016/04/18(月) 20:35:37.61

訂正
ズク押し法で得られた地鉄→ズク押し法で得られた左下鉄




270: 日本@名無史さん 2016/04/18(月) 20:39:34.08

餅鉄(磁鉄鉱)の精錬で川砂鉄を触媒としたケースも考えられる




271: 日本@名無史さん 2016/04/18(月) 22:37:53.31

日本刀発生時期だと、近江北部に多くの鉄鉱山があり
琵琶湖南部で砂鉄もたくさん採れた時期だから、
近江産鉄の可能性も高いのではないか。




277: 日本@名無史さん 2016/04/19(火) 00:51:10.05

>>271
湖南地方の製鉄遺跡は主に天智天皇の近江朝時代
湖西地方の製鉄遺跡は8世紀の奈良時代




324: 日本@名無史さん 2016/04/20(水) 08:10:11.28

☆新刀・新新刀は姿、形こそは日本古刀に似せて作っているが成分、作刀法は全くの別物である☆




326: 日本@名無史さん 2016/04/20(水) 10:38:21.13

>>324
何故、天正から慶長にかけての短期間にこのような作刀法のパラダイムシフトが起こったのか?
私見だが豊臣秀吉の一連の政策だ関係していると思う

刀狩と朝鮮出兵だ

鉄砲と歩兵戦に有利な打刀・鎗の需要は極度の鉄不足を引き起こした
古い刀剣類を鋳潰しても間に合わず、増産の為に山砂鉄を使用する「かんなながし」近世型たたら製鉄が導入された

結果的に百姓上がりの秀吉は本来の武士にとって変わったのみならず日本刀まで変えてしまった




327: 日本@名無史さん 2016/04/20(水) 12:52:46.78

日本刀の優秀さは「玉鋼を使い芯鉄と皮鉄による複合構造で切れ味鋭く折れにくく曲がらない」と世間では信じられて来た

しかしそれは元来、優秀であった日本古刀の性能に近付く為の苦肉の策であったに過ぎない
極論すれば玉鋼なんかを使ったばかりに作刀法の変更を余儀なくされたのだ




328: 日本@名無史さん 2016/04/20(水) 13:00:36.95

どうして徳川家は古来の太刀の作刀法を保護しなかったのだろう?
逆に二尺三寸五分以下に寸法を縮めるなどの暴挙をして実質、太刀を禁じている




330: 日本@名無史さん 2016/04/20(水) 13:23:16.72

日本刀って鬼の名前とか鬼を切った逸話が多いけど
刀に箔付けしたいから鬼を利用してるのかね




338: 日本@名無史さん 2016/04/20(水) 15:42:55.49

>>330
「日本刀歌」に佩服すれば以って妖凶を祓う可しとあるから、支那の商人があちらで売り込む際に「魔除けの効果アリ」と吹聴した可能性は高いと思う。
ちなみに、あちらの鬼は悪霊怨霊を意味する。




332: 日本@名無史さん 2016/04/20(水) 14:37:40.86

ルパン三世の石川五右衛門が持ってる斬鉄剣は「刀に温度がある」って設定だけど
刀によって明確な熱伝導差ってあるの?




335: 日本@名無史さん 2016/04/20(水) 15:33:11.79

斬鉄剣の元ネタは滝沢馬琴創作の村雨じゃないかな?
ちなみに実在の村雨は 津田越前守助広が南蛮鉄から打った両面が倶利伽羅文様の二尺七寸五分の日本刀






寺島しのぶさん(43)、座位で挿入するのは過激すぎるだろ。(画像あり)

社員旅行で海外に行くことになり、好きな子が幹事に立候補。俺と一緒に幹事をすることになったが・・・

韓国人被爆者、入国審査を“妨害”と怒り

毛深いワイ、悲しみの薄着

【速報】ワイ、SODの筆おろし企画の面接から帰還→結果wwwwwwwwwwww 

【閲覧注意】精神的ダメージの大きい虫さんランキング作ったンゴwwwwwwwwwww

これ流石にコラだよなと思った画像

『報ステ』日本政府が核兵器議論でメキシコ政府に論破される

超美人弁護士「今まで何人もの彼氏がいたけど実家に連れてくると全員からお断りされちゃうの」見た事ない家を見せられ納得した

パキスタンの「国獣」かっこよすぎワロタwwwwww

【驚愕】チェリーボーイに「ヤらせてあげる」って言ったらwwwwwwwwwwwwwwww

【緊急】いまさっきデリ嬢が帰って行ったんだがwwwwwwwwwwwwwwww

上司のチョコボールにエンゼル書いたったwwwww

男を作り子供を置いて失踪した汚嫁から久しぶりに子供に会いたいと連絡がきた

【悲報】 妹の捨てる下着を格安で友達らに売却してたのがバレた結果wwwwwww
スポンサーサイト

| 日本史・その他 | 23:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑





COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。