みちのく瓦版

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

徳川家康の人質時代を語るスレ

gw
1: 人間七七四年 2009/10/06(火) 01:51:14 ID:qZ6ni3Rn.net

いろんなエピソードがあったり、推測を考えられたりする徳川家康人質時代
そんな松平竹千代~元康とその周辺をいろいろと語ってみようじゃないか
ちなみに人質は織田パートもあることをお忘れなく

本人略歴
6歳 今川の人質になる・・・はずが織田家へ
8歳 やっと駿府へ
14歳 元服して元信
16歳 元康に改名、瀬名姫と結婚
18歳 信康誕生
20歳 独立
ここまで

Wikipedia徳川家康
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E5%BA%B7






【悲報】伊藤園さんとんでもないことを書く

オンナ、駅にスーツケースを放置して警官40人出動させる

ブタ細胞、人への異種移植がついに解禁 1型糖尿病患者が対象

ジャンプ編集が門前払いした作品一覧wwwwww

【画像】体 鍛 え て る 女 っ て 興 奮 す る よ ね

大学行く金ないんやけど共産党貸してくれへんかな

授乳中は妊娠しないとか言ってた奴出てこいwwwwww

2: 人間七七四年 2009/10/06(火) 01:52:00 ID:qZ6ni3Rn.net

信長との接触はあったのか
氏真との関係は
今川家の中での立場はどうだったか
雪斎の教えはどの辺まであったのか
などなど好き勝手にレスしちゃえ




3: 人間七七四年 2009/10/06(火) 09:57:21 ID:b536pQET.net

>信長との接触はあったのか
あったかもしれないし、あってもおかしくなかいが、史料的には確認できない。

>氏真との関係は
少なくとも、悪かったとする史料的根拠はない。むしろ敵対した期間もあるのに、
その後は仲がいい。人質時代は氏真の側にわざわざ嫌うほど関心を向ける
価値があったかどうか。

>今川家の中での立場はどうだったか
婚姻によって、今川一門に迎えられ、三河のどこの馬の骨とも判らない豪族の
何の後ろ盾もない人質の子供にしてはありえないほどの厚待遇。将来の幹部
候補生といったところか。ただ、今川家臣たちの個々人がどう思ったかは別。

>雪斎の教えはどの辺まであったのか
最近は疑わしいんだっけ?




11: 人間七七四年 2009/10/06(火) 20:46:56 ID:buVO84Ti.net

>>3
三河のどこの馬の骨とも判らない豪族ってことはないよ
岡崎はかなりの大勢力だ




4: 人間七七四年 2009/10/06(火) 16:05:30 ID:KKxQtS/g.net

松平氏が竹千代を人質に差し出すことにより今川氏との主従関係が一応成立するも
その後の当主不在の時期にあっても松平氏の西三河における支配機構は機能し続け
ついに今川氏は松平家直轄地と家中衆を今川氏知行地、直臣のなかに組みこむことを
断念することとなる。




5: 人間七七四年 2009/10/06(火) 17:51:14 ID:qmM+agw3.net

殺されても仕方ない状況で生き残ったのはすごいよな。
頼朝もそうだけど、強運の持ち主。




8: 人間七七四年 2009/10/06(火) 19:26:43 ID:qZ6ni3Rn.net

>>5
それは厚遇目的だった今川時代じゃなくて織田時代だよね
そこんとこは確かに言える
だからそれをもって憶測で「信長が気に入ったため助命されたのでは」
なんつっていうのもありかと
「松平の小僧、面白い!」と引っ張り回してた可能性だって
現時点では絶対の否定はできないよね
たとえ居場所が違っててもあの信長のことだから
ふらふらと家康がいるところに行ってたかもしれんし
その後の臣従に近いとはいえ、同盟関係の破綻が無かったことも考えて・・・




6: 人間七七四年 2009/10/06(火) 19:08:29 ID:KmdEXXdT.net

田原戸田家は何の勝算があって織田に売り渡したんだろうね




7: 人間七七四年 2009/10/06(火) 19:14:45 ID:1dDfL2mf.net

戸田「愉快犯・・・おもしろけりゃァそんでいい」




12: 人間七七四年 2009/10/07(水) 19:13:20 ID:s4dXLEYs.net

没落した今川の氏真を庇護したということは
北条氏規のときみたいな昔馴染みってところがあったのかもね
掛川城立てこもりからわざわざ逃がしたのもそういうところはあったのかもしれん

書いてて気付いたけど「人質時代」の繋がりは氏規にもあったんだよなあ
屋敷が隣という話もあるし
義元としては将来氏真の補佐役として家康・氏規に期待してたところもあったのかな




13: 人間七七四年 2009/10/07(水) 19:48:52 ID:s4dXLEYs.net

軍事的側面で語られることが多い家康隠居の地・駿府
でも嫌な思い出の地だったらわざわざ来ないよね
軍事的地理なら他にいくらでも考えられたはずだし、
初代将軍ほどの力なら全然新しい地に居を構えることも出来たはず
今川時代もそれなりに華やかとはいえ、駿府が栄えたのはやはり家康後ではないかと
だから人質時代は少なくとも負の記憶はそんなに無かったか、
プラスマイナスで0以上だったと思う




14: 人間七七四年 2009/10/08(木) 20:00:09 ID:OFT0RBJ0.net

兄貴信長と舎弟家康の遊びがどんなのだったか興味がある




16: 人間七七四年 2009/10/09(金) 13:00:37 ID:qZCnGTEH.net

>>14
信長とは鷹狩とか一緒にやってるな。
竹千代時代のことなら知らんが




19: 人間七七四年 2009/10/09(金) 22:20:07 ID:YzkkPJih.net

桶狭間の後も氏真とは仲が良いんだよな、わりと。




22: 人間七七四年 2009/10/10(土) 03:40:21 ID:GfCAe3hf.net

仲が良いって言っても、その後氏真が降伏するまでずっと戦争しっぱなしだけどな




24: 人間七七四年 2009/10/10(土) 11:59:20 ID:9el+FeMv.net

>>22
そりゃ無抵抗のわけはないべ
徳川陣営自体がまだそんなに大きくなかったし元家臣だし

氏真の鞠を豪快にシュートして障子の5枚や6枚破ってそうな家康
意外とそれを咎めない義元っていう感じ




23: 奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM 2009/10/10(土) 08:31:16 ID:zi5g5ujW.net

「偉大なる舎弟頭」徳川家康。
駿府期には氏眞の舎弟にキッチリ収まっていたと推測。




26: 人間七七四年 2009/10/10(土) 13:41:17 ID:9el+FeMv.net

逸話だとしてもそういう性格だったろうと推測されるのが
縁側から小便とか寺の領内で鷹狩りとか鳥居元忠を突き飛ばしたとか
そんな話が残ってるからねwww
他にまだあるんじゃない?




27: 人間七七四年 2009/10/12(月) 08:44:18 ID:LrSvJT7C.net

>鳥居元忠を突き飛ばした
kwsk




28: 人間七七四年 2009/10/12(月) 17:47:53 ID:Z/fBZBgB.net

例えばぐぐると
http://www.geocities.jp/onriedo_gongujodo/torii-mototada.html
>駿府でのエピソードとしては、百舌の飼い方が悪いと、怒った家康公に縁側から突き飛ばされたこともあったといわれる。

明らかに短気なやんちゃ坊主の竹千代
これを見た酒井忠次からげんこつでももらってれば面白いのにwww




29: 人間七七四年 2009/10/12(月) 22:14:42 ID:h9CVtQ8W.net

戦でも短気で、指揮しながら拳を血が出るほど鞍に叩きつけたり
したともいうな。




30: 人間七七四年 2009/10/13(火) 00:38:18 ID:IVJEWORh.net

だから短気は生まれ付いてのもの
忍耐は人質時代のものだろう
いかに優遇されてると言っても心から臣従したわけじゃなかったはずだから
今川一族になってハッピーっていうノーテンキだったら
後の徳川家康はなかったよね




35: 人間七七四年 2009/10/15(木) 23:56:00 ID:0XTDQ9gW.net

好奇心旺盛なヤンキー信長が強奪した人質に興味を示さない筈がない




38: 人間七七四年 2009/10/16(金) 01:36:57 ID:Nl30eOlW.net

そのわりには信長と家康の二人のエピソードってあまりにも少ないんじゃない?
何らかの精神的レベルでの交流があったと言うなら、
織田での人質時代に限らず、同盟組んでから本能寺で信長が死ぬまでに二人の中が良かったと思わせるエピソードとかが知りたいのだが・・・
信長と秀吉、秀吉と家康と比べて印象が薄くない?




40: 人間七七四年 2009/10/16(金) 02:06:22 ID:ziXTHTG+.net

>>38
安土に招いた時相当気を使ったとか
堺見学を勧めてくれたとかw
まあ大連立の2トップだからな
清洲同盟でも本人同士は会ってないだろなんて話もあるし




42: 人間七七四年 2009/10/16(金) 21:38:54 ID:GWSRoYxM.net

実際>>40のとおりああいう歓待って他の人にはしてないよね
軍団長の明智をわざわざ家康の担当にするってことは、やはり家臣扱いではないわけで




42: 人間七七四年 2009/10/16(金) 21:38:54 ID:GWSRoYxM.net

>>38
あの頃の二人の忙しさたるや・・・
ついに武田を潰して、毛利を押し込めて、北条を何とか抑えて、上杉もやっと謙信が死んで、四国を軽く食っちゃうか
という段階になってようやく一安心できたんだと思うな
共同戦線になった対朝倉・浅井にしても対武田にしても、
のんきに昔話を語り合う暇も余裕も無かったんでは
家康にしてもあとはどう巧く織田政権に潜り込もうか、と考えてただろうし




41: 人間七七四年 2009/10/16(金) 02:37:37 ID:Nl30eOlW.net

自分別に史料とか読み漁っているわけじゃないから偉そうなこと言えませんが、
家康が信長について語ったこととかって記録に残っているのかが知りたいです
wikiにも根拠不明で両者が不仲だった可能性もあるとか書いているけど、
実際家康が信長をどう思っていたかについて、個人的な感情や意見を語った(例えば前田利家)話を読んだことがないです
織田家での人質時代の家康のところに信長がきて云々は家康本人の口から出たわけではなく、後世の創作の可能性もあるんですよね?
秀吉のように直接主君に仰いだ経歴のある人物であるならともかく、形式上は対等であった同盟相手の信長に対して家康が遠慮する必要はないように思います。
それなのに信長を褒める話もけなす話も、そもそも信長の登場する逸話が出てこないと言うのは不自然なのでは、と素人考えしてしまうのですがどうでしょうか




42: 人間七七四年 2009/10/16(金) 21:38:54 ID:GWSRoYxM.net

>>41
そもそも2年間だけだったしね、織田人質時代
だからこそ妄想は膨らむし、このスレはそれで楽しむスレでもあるし
史実だけで語る硬いスレじゃないよ
俺としては剣術稽古で氏真をボコる家康を想像してニヤニヤしちゃうんだが




43: 人間七七四年 2009/10/18(日) 20:47:38 ID:9EEdDtnw.net

戦国時代の忙しさって実のところ大したことないんでしょ。




44: 人間七七四年 2009/10/18(日) 21:27:12 ID:vnIMpLKF.net

主同士の行き来が必要だからなかなか暇は無いんじゃない?
余裕が出来てきたのは武田が無くなった後ぐらいだから
さあこれから・・・というときに、本能寺




45: 人間七七四年 2009/10/19(月) 00:56:47 ID:GpmhjfjR.net

信長とはわからんが
北条氏規とは仲が良かったのかね
ご近所さん説は置いとくにしても




46: 人間七七四年 2009/10/19(月) 02:06:37 ID:6C7/qlw7.net

人質関連年齢差
当主他           織田→今川移送時の年齢
1534年 織田信長 +9  17
1538年 今川氏真 +5  13
1543年 徳川家康     8
1545年 北条氏規 -2.   6

付き従った家臣
1527年 酒井忠次 +16 24
1533年 石川数正 +10 18
1539年 鳥居元忠 +4.  12
1542年 平岩親吉 +1   9
1548年 本多忠勝 -5   4  ただし駿府へは10歳のときとのこと

目立った家臣は他に誰がいるのかな




47: 人間七七四年 2009/10/19(月) 10:55:39 ID:klZOu665.net

既出だが、事実かのように語られている「信長と元康が清州城で
会見しての同盟締結」はなかったという説もある。
この説では信長・家康の間の攻守同盟もなかったというのだが。
清州での会見がなかったという説の根拠は「信長公記」「三河物語」
「松平記」などの早く成立した史料にその記述がなく、
江戸時代になってからの史料にしか記されていないということとか。




48: 人間七七四年 2009/10/19(月) 12:00:25 ID:YLQcglCw.net

>>47
「清洲会見」があったか否かと、「同盟」の有無は別だよな。

まあ甲相駿三国同盟の善得寺会盟もなかったという話だし。




49: 人間七七四年 2009/10/20(火) 00:34:31 ID:uQNA3xOW.net

家康人質時代からの縁で仲が良いというと
徳川家中以外じゃやっぱり北条氏規が思い浮かぶな
氏真の掛川城開城の時、徳川と氏真の仲介して氏真迎えたのも氏規だし
家康の対北条の窓口はほとんど氏規だし
小田原攻めの際も自害を図った氏規を止めたのは家康の命を受けた井伊だしね
氏規の息子も関ヶ原に東軍で参加しているし、もし氏規が関ヶ原まで生きていたら
関ヶ原で家康と戦っただろうなあ

あとは岡部元綱なんかは今川時代から家康と親しかったというよね




52: 人間七七四年 2009/10/22(木) 15:46:43 ID:1jCZxBsi.net

つか案外駿府時代のことって謎だらけだよね
だからこそ想像は膨らむんだが

人質同士とはいえ、氏規と家康じゃかなり立場が違うんじゃないか?
氏規は北条家の五男だし、時期当主氏真の義弟で、義元の甥でもある
ほぼ一門衆的な扱いを受けていたんじゃないかな




55: 人間七七四年 2009/10/24(土) 01:00:29 ID:V8MHzU0h.net

最近は家康が人質として滞在してた場所についての論争(駿府か否か)も
あるそうだな。駿府じゃない説(平野氏)では、家康は吉田にいたんじゃないか
としているな。勿論これには本多氏などの研究者が反論を加えているんだけど、
なかなか興味深いな。




58: 人間七七四年 2009/10/24(土) 02:09:06 ID:Sn2AlxyB.net

でも家康は何度か幼い頃は駿府にいたって言ってるんだよね




64: 人間七七四年 2009/11/02(月) 02:34:38 ID:iLFDIa23.net

駿河には家康の祖母も来てたんだっけ?




65: 人間七七四年 2009/11/02(月) 15:45:40 ID:QJiHmlfH.net

母親は離縁だからやむなく
確か唯一の肉親ということで




69: 人間七七四年 2009/11/09(月) 08:53:13 ID:q5ckr8sP.net

駿府での人質時代の家康は、
鷹狩をして、しばしば隣の屋敷に自分の鷹が迷い込んで、
その鷹を取りに行く度に、
その屋敷の主人(孕石主水だったかな?)に、
「三河の小伜には、飽き飽きしたわ!!」等と言われたりして、

辛く当たられていたそうだな。

…尤も、この時の恨みは、後年、高天神城を武田家から奪回して、
孕石主水を捕虜にした時に晴らしたんだが…。




78: 人間七七四年 2009/11/13(金) 20:15:26 ID:lPC6Z4p/.net

岩井三四二の「しょうべん小僧竹千代」って短編が面白かったな
朝比奈泰勝が主役で超可愛げない竹千代が出てくる




79: 人間七七四年 2009/11/14(土) 00:20:58 ID:qd2Fp3G3.net

なんとなくだがエピソードを拾ってみると
確かに小生意気なんだよな、竹千代www
間違いなく厚遇はされてたよな
苦しかったのは今川にこき使われてた三河の留守衆であって・・・

ところで、たまたまだが今日というか昨日か
日本史の泣ける話だなんだとかいう本を立ち読みしてきた
そこには読む前に期待した鳥居元忠が載ってて
         キター!
マジで泣きそうになった・・・逸話込みだろうがもう関係無いね!
突き飛ばしたエピソードも書いてあったよ




91: 人間七七四年 2009/11/29(日) 11:49:43 ID:QoN/MMV5.net

子供を怒鳴りつけたというだけで後世まで名前が残った孕石さんかっけー。




92: 人間七七四年 2009/11/29(日) 14:06:56 ID:JY6p6oD2.net

>>91
それで結局殺されたんじゃなかったっけ




98: 人間七七四年 2009/12/01(火) 10:12:59 ID:dKy5Gfvd.net

氏真とはどうだったんだろう?
蹴鞠おそわらなかったんだろうか?




99: 人間七七四年 2009/12/01(火) 14:07:23 ID:WCciK+hr.net

>>98
知ってる限り人質時代の氏真との逸話は無いな
同じ人質だった氏規とは交流があったようだが……
氏規は寿桂尼が自分の孫として連れ歩いたりしたくらいだから
ほぼ今川一門扱いだろうし、どうなんだろう

後に家康が氏真の籠もる掛川城を攻めた時も
仲裁に入って交渉したのは氏規だったし




119: 人間七七四年 2009/12/06(日) 19:10:50 ID:jk3v3q29.net

華陽院の生年なんだけど、明応元年(1492)生まれではどうも得心いかん。
水野忠政が継室でありながら年上ということになるが、於大らを30代で産むのは
ともかくとしても、再嫁先の松平清康とは18歳も年上ということになってしまう。

どこかで清康より2歳年上という資料を見た気がするが、それならまだ納得できる。




120: 人間七七四年 2009/12/07(月) 11:00:03 ID:QB86MajD.net

>>119
松平研究をしてる新行紀一という人は、華陽院の産んだ子の年齢からみて
彼女は清康とは結婚してなかったのではないかといってるよ。
清康に再嫁したというのは疑う余地があるということだな。




123: 人間七七四年 2009/12/22(火) 13:20:03 ID:90Ufuw2P.net

竹千代は人質時代は苦労してないけど
岡崎の家臣たちは苦労してたのはたしかなの?




128: 人間七七四年 2009/12/25(金) 10:25:43 ID:iaSFZeX9.net

>>123
人質はそりゃ丁重に扱っただろう

つか義元は三河に限らず領国内の国人勢力には基本的に強行姿勢だぞ
北条を参考にしたのかもしれんが、徐々に国人達の実権を削いでいたからな
三河の連中からしたらたまらんだろ
三河以外も同じような状況だが




124: 仙台藩百姓 2009/12/22(火) 16:16:05 ID:0bM/h6Eg.net

多分に創作が入っていてどこまで本当か分からんおね( ^ω^)
義元は家康を丁重に扱っているし、松平重臣にも加増を行っているお
今川にとって三河を押さえる事は重要だし、わざわざ虐めて統治し難くするのは不自然だお( ^ω^)




125: 人間七七四年 2009/12/22(火) 21:20:18 ID:a6Zov6kQ.net

義元が松平の重臣に加増したらまずくないの?




126: 人間七七四年 2009/12/22(火) 21:55:43 ID:dvFQdDG8.net

そりゃ苦労しただろう
義元から見たらそこまで世話する義理は無いから
戦力差も相当あったから三河側にしても叛旗なんて無理
大切な長男を差し出したほどだから




127: 仙台藩百姓 2009/12/24(木) 22:26:38 ID:2YTEGGZh.net

でも、その人質も届かなかったお( ^ω^)
家康が戻れたのは今川のお陰だお( ^ω^)

>>125
実質臣従していたからマズくはあるまいお( ^ω^)




129: 人間七七四年 2009/12/26(土) 11:27:15 ID:/E/oXgMq.net

大名権力の強化を図ることと、そのために徴した人質を大事に扱うのは別に矛盾しないからな。




130: 人間七七四年 2009/12/26(土) 15:06:31 ID:tgtYGjvD.net

家康の読書家だけど、その下地が出来たのは、
やっぱり駿河人質時代かな。




155: 人間七七四年 2011/08/24(水) 20:42:23.41 ID:lOSLfOB8.net

桶狭間合戦よりもだいぶ前に、織田家のメンバーが捕虜になって、
その交換で家康は三河に帰ったはず。

捕虜というのが珍しいと思った。




156: 人間七七四年 2011/08/24(水) 20:54:08.01 ID:rulX+A/U.net

織田家のメンバーて信長の兄貴じゃないの
信広だったかな




158: 人間七七四年 2011/08/25(木) 00:53:33.41 ID:qAOcA2sE.net

>>156
そう
母親が正室じゃないからと家督は継げなかったはず
その捕獲を雪斎がやっちゃったというのがなんともすごい話




161: 人間七七四年 2011/08/25(木) 01:17:44.25 ID:LPKNBlVo.net

>>158
総大将は雪斎だけど、先鋒の一角に松平衆もいたと思う
主君・竹千代を取り返すため、必死で働いたのかなあと空想してしまう




160: 人間七七四年 2011/08/25(木) 01:14:43.21 ID:LPKNBlVo.net

>>156
織田信広で合ってるよ
しかし、庶子とは言え織田家の長男と、三河の小豪族の嫡男とでは、
釣り合いが取れないはず

今川はずいぶんと松平衆を重要視してたんだねえ




163: 人間七七四年 2011/08/25(木) 17:42:01.15 ID:E2fllSH8.net

>>160
重要視してなければ自分の姪をあげたり、名を与えないだろう
岡崎城にしても三河と尾張を結ぶ重要な土地だし




165: 人間七七四年 2011/08/26(金) 15:49:53.00 ID:pyjRK9Gn.net

>>163
岡崎は西は矢作川、東と南は隘路、北は山という要地
鎌倉時代に三河を支配した足利氏が同地を本拠地にしたくらい




166: 人間七七四年 2011/08/27(土) 03:21:24.46 ID:7nuQnnS/.net

>>163
逸話ではあるけど竹千代の聡明さを見た義元がいずれ氏真の片腕となってくれと
でも歴史の現実として一門に加えたんだから期待してないはずはないしね




157: 人間七七四年 2011/08/24(水) 23:02:24.30 ID:dflqkR/Q.net

今川家としては、それだけ三河支配の為に竹千代が欲しかったんだね




167: 人間七七四年 2011/08/27(土) 10:02:11.94 ID:JwZphzOu.net

家康は、使えた主君は死ぬまで裏切らいと本に書かれてたけど確かに義元、信長、秀吉には死ぬまで裏切らかったね。
家康は義元が死んでから氏真にも、ともらい合戦を勧めているし。
氏真が、へたれだから信長についたんだし。
秀頼については、さすがに天下の欲望に勝てなかったんだろうな。




168: 人間七七四年 2011/08/27(土) 10:27:51.68 ID:cXiTZSHS.net

氏真については義元死後すぐに裏切ってると思ったが
あと氏真は義元のかたき討ちをしたいという手紙もあったはず
家内の大半の重臣が死んで領内の混乱ももあり断念したようだけど




171: 人間七七四年 2011/08/27(土) 12:13:10.59 ID:JwZphzOu.net

>>168

その話は、初めて聞いた。
氏真は、後年信長の前で蹴鞠を披露しているけどどういう心境の変化なんだ?




172: 人間七七四年 2011/08/27(土) 12:41:06.68 ID:cXiTZSHS.net

>>171
有光友學の「今川義元」に氏真が義元の死後の5月25日付の手紙に
で天野景泰宛に自分で出馬したいとある、との記述があったんだよ
どうやら出陣勢と留守勢の編成を考えていたみたい
ちなみに同書によれば氏真は翌年6月には元康が逆臣したと表明してるので
元康が再戦を勧めたというのは無理とまではいかないが氏真へたれエピソードのための脚色の気もする
家康は氏真を大名としては見限ってるけど一人の人としてはかなり大切にしてると思うw

あと信長に関しては親の敵だけど、戦だから仕方ない所もあるだろうと思っていたのでは
その頃はもう実質天下人だし断るのも無理そう。
むしろ長篠の戦いに参加してるし(何もしてないけど)直接自分を滅ぼした武田のほうが恨んでるんじゃないか




181: 人間七七四年 2011/08/28(日) 02:20:01.54 ID:4jdKBWG0.net

>>172
武田軍の侵攻により、今川氏真が駿河の国を失ったあとは、妻の実家の北条家へ逃げ込んでいるが、
武田と北条の再同盟が成ったため、今川氏真は、今度は家康の元に逃げ込んでいる。
家康に面倒みてもらったわけだが、家康としても、氏真を大事にしただろう。




192: 人間七七四年 2012/05/19(土) 20:42:29.68 ID:5WMtdXo1.net

徳川家康は武田の旧臣を多数召抱えたのは何故か?




195: 人間七七四年 2012/05/22(火) 02:03:21.62 ID:s+qBP6VH.net

>>192
甲斐・信濃を統治しやすくするため
占領地に自分の家臣を置いてた信長とは反対




196: 人間七七四年 2012/05/22(火) 12:52:17.55 ID:bfx3UiEx.net

>>192
どこまで史実かわからんが、
石川数正が秀吉の元に走ったあと
家康は三河以来の軍制を武田流に変えたとか、
もちろん大久保長安ら金山開発としての戦力もあるし、
普通に武田の旧臣を有能な人材と評価して召し抱えたんじゃないの?




255: 人間七七四年 2014/02/26(水) 20:34:13.85 ID:nsJ+Xbd3.net

>>196
変えた軍制の具体的な
内容わかりますか?




260: 人間七七四年 2014/10/05(日) 19:21:43.85 ID:HbGyyek5.net

>>255
軍事機密だからわからない




207: 人間七七四年 2012/06/15(金) 23:12:56.87 ID:nGvYvtxu.net

人質時代に信長に可愛がられたせいでう○こ漏らす癖がついてしまった




208: 人間七七四年 2012/06/16(土) 14:47:51.06 ID:o6jLM60D.net

糞漏らしの逸話はガセだよ
悪質な明治政府の捏造。




209: 人間七七四年 2012/06/17(日) 02:25:03.92 ID:R5fVOSi9.net

そりゃそうだろう
小豆餅食い逃げとかの一連のものを含めて




210: 人間七七四年 2012/06/17(日) 04:34:42.78 ID:+1kOrvMw.net

敗けて逃げ帰る途中に茶店で餅を求める余裕などないし、雪も降っていたみたいで、そんな夜に茶店を開けてる店もありません。




214: 人間七七四年 2012/07/09(月) 22:28:09.81 ID:0jfnjYUw.net

>>210
むしろあったら
1:信玄の罠
2:山賊の罠
3:妖怪の罠
4:孔明の罠

のどれかだよな




215: 人間七七四年 2012/07/21(土) 00:47:31.74 ID:Lv3wzDMm.net

ただ食いして馬で浜松に帰ろうとしたら
後ろから茶店の婆が走って追いかけて来たんだっけ?




211: 人間七七四年 2012/07/01(日) 07:32:59.34 ID:SVlSyARz.net

今川の人質時代は普通に家臣扱いだったらしい




212: 人間七七四年 2012/07/04(水) 01:21:59.36 ID:R6wItFjk.net

普通なら冷遇されるところだが
義元は器がでかい




220: 人間七七四年 2012/08/21(火) 18:13:01.20 ID:Yk05JxdR.net

>>212
義元にしてみりゃ、三河の支配を確固たるものにする為には
現地の豪族から絶大な支持を得ていた清康の孫である竹千代を
自らの一門に取り込んだ方が都合が良いんだからドラマみたいに
竹千代を嫌がらせしたり冷遇する理由なんて一切ない。
むしろ大事に扱う方が自然。




213: 人間七七四年 2012/07/09(月) 18:22:40.24 ID:NDyxvlVl.net

小さな時から重荷を背負って 歩いていくのが男だと
人に頼るな 頼れる人になれと教えた母の愛




232: 人間七七四年 2013/02/11(月) 11:24:10.49 ID:FGYpKSfi.net

後年に氏真を庇護したということを
人質時代に仲が良かったことの証拠とも解釈できるが、
立場の逆転を楽しんでた可能性もあるな。
かつて頭の上がらない存在だった人を
庇護下に置くことで優越感を感じることができる。




233: 人間七七四年 2013/02/11(月) 21:22:08.73 ID:I4qXnk67.net

>>232
庇護下におくっていうか
振り回されていた感も否めない




235: 人間七七四年 2013/02/12(火) 02:51:56.26 ID:778B5toy.net

>>232
そういう面もあるだろうな。
俺も入社当時、偉そうにして誰からも嫌われてるウザい先輩が今は部下だけど
皆が見てる前で、たまーに使いっパシリをさせてる。
いつもそれやると単なるイジメになるから、あくまで「たまに」ねw

家康は源氏を仮冒してたから、源氏で没落した武田を再興させたり
山名や喜連川足利に捨扶持を与えたんだろうしな。
源氏の名門を保護するのが、自らの正当性にも繋がるという判断だろう。
しかし、あくまで幕政に関与させるようなポジションは与えない。




234: 人間七七四年 2013/02/12(火) 02:39:36.19 ID:b2I240S6.net

家康さん、名家を復活させるの大好きだよね?なんか目的があったのかな?




237: 人間七七四年 2013/02/12(火) 13:48:41.04 ID:nxL7a3c8.net

>>234
由緒正しいこいつがこんだけなんだからおまえはそんだけで我慢しろ
という理屈がつかえるから、、、、とかぁ






婚約者である彼女。二年前から浮気してやがった!『私が馬鹿だったんだ。こんなこと二度としないから連絡して』馬鹿は知ってるわ! 絶対お断りだwwww

【衝撃】新体操やってる女に「自分でクンニしたいから始めたの?」って聞いたらwwwwww(※画像)

【悲報】JR渋谷駅付近のビルにプリウスが突っ込む 路駐からの発進の際にアクセル踏み間違え

ツイッター民「ゲーセンのクジで3万ぶっこんで全部引いた。飾ってあった3DSもVitaもなくてワロタ」

【衝撃】高校の同級生のツイッターが痛すぎるんだがwwwこれマジかよwwwwww

奥田愛基、「学校では教えてくれない選挙のしくみ」炎上で火病発症wwwww

自宅で水耕栽培してるやつwwwwwwwwww

近所から騒音の苦情が来た結果wwww

四季が出るクラッカーが綺麗すぎるwwwwww

【怖い話】雑居ビルの入り口で若い2人組と取っ組み合いになったんだけど、後日ガタイのいい男に「○○さんですか?」と呼び止められて…

羽田で大韓航空炎上

【衝撃】会社員だが、男5対女7の乱交パーティ行ってきたwwwwwwwwwwww 

そもそも広島の人々は謝罪を求めているのか?(海外の反応)

老害「暴力的なゲームをやると暴力的な思考になる。犯罪に繋がる」←は?

姉貴、30代前半で祖母になる ヤバイwwwwwwwwww

新入社員がフランクミュラーの時計着けてきたから説教したったww

【千葉県】会社員「私はUFOにさらわれた」wwwwwwww
スポンサーサイト

| 日本史・戦国 | 17:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑





COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。