FC2ブログ

みちのく瓦版

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

七尾の好色家 戦国の変態仮面 畠山義綱

1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/14(水) 14:40:30 ID:wDwE/i4U.net
家臣によって城を追われた無能者。何度も奪還をこころみるも
結局返り咲くことが出来なかった敗北者。

誰か適当に語ってくれ。


13: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/20(火) 21:56:34 ID:nlCxe46N.net
畠山家臣は癖者揃い
末期は完全に家臣に乗っ取られてた

14: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/21(水) 22:11:38 ID:T8kvoZAc.net
上条政繁はがんばったよね

17: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/30(金) 23:21:00 ID:M67r3eUn.net
>>14
よく出来た弟だよな
あまりに出来が良すぎてマジで忘れてた

15: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/24(土) 22:23:35 ID:RRkh3DAO.net
一条兼定と被る

16: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/30(金) 22:54:43 ID:M4dBxHLD.net
もっと酷いと思う

18: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/08(土) 02:41:21 ID:xq/lO9hs.net
畠山 義綱(はたけやま よしつな、生年不詳 - 文禄2年12月21日(1593年2月11日))は能登の戦国大名畠山氏当主。畠山義続の嫡男で、妻は六角義賢の娘。

幼名次郎。修理大夫を受領。能登守護・七尾城城主。義胤。出家後は徳栄と名乗る。 1551年(天文21年)、父義続に家督を譲られ継承。義続の後見を受けて傀儡化した大名権力の復興を目指す。
1555年に重臣たちが大名権力を奪った「畠山七人衆」を崩壊させるため、家中で随一の勢力を誇る温井総貞を暗殺し、同年から始まった弘治の内乱を経て大名専制支配を確立した。
このため、能登畠山家では1560年から1566年までは政権が非常に安定していた。しかし、大名専制に反発した家臣が1566年に永禄九年の政変を起こし、義綱と父・義続は追放され、近江に逃亡した。

追放された義綱は、近江で妻の実家の六角氏の援助を受け、復権を試みる。
そして1568年、上杉謙信や神保長職と共同して能登に攻め込んだが、失敗し敗退した。
結局復権することは叶わず1593年12月21日、近江国伊香郡の余吾浦で波乱の生涯に幕を降ろした。法名は興禅院華岳徳栄居士。

ちなみに義綱の二人の息子(義慶・義隆)も、傀儡として重臣たちに擁立され、そのうえ父より早くこの世を去るという悲哀を味わっている。

19: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/08(土) 10:55:14 ID:1xR7Uw96.net
二本松畠山にも義綱っているな

20: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/10(月) 16:49:25 ID:z438m1Hw.net
国王丸ですか
この人蘆名盛重(義広)に従い常陸江戸崎に入ったのはいいが、
盛重の命で殺されちゃうんですよね

22: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/10(月) 23:40:34 ID:6GMnUIMn.net
守護大名出身の大名家が権力強めようとして追放されたり殺害されたりするのはよくある

23: 魔玉砲 ◆RX/MoGZ9xs 2006/07/11(火) 07:51:42 ID:h4iA8ZDl.net
上条政繁は謙信の養子になったあと、信州の政で揉めたけどその後に畠山姓に戻ったんだっけ?

24: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/11(火) 16:26:06 ID:4dpuw5or.net
政繁・・・上杉を出奔、関ヶ原後畠山に復す
長男景広・・・上杉に仕え続け子孫は畠山に
次男長員・・・上杉を名乗り幕府の高家に
三男義真・・・旗本畠山に

25: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/19(水) 19:43:00 ID:kmd/Tkpd.net
完全に家臣に握られていた大名権力を一瞬だけ復興させた人

26: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/20(木) 15:43:29 ID:9OYjOJEo.net
一生懸命あっちこっちと泳いではいるんだけどね

遊佐加賀に退去→能登侵入した遊佐を破る→温井加賀退去
→遊佐復帰→温井と合戦、最終的には勝つ
→遊佐、長らに追われる

真の味方がいないなあ

31: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/08/03(木) 14:37:59 ID:ZZeon/Lu.net
能登の特徴は、他国のように守護に替わって、誰かが実権握らないこと

まあ>>26の状況じゃな
どこも完全に滅ぼしてないから、一氏が台頭しようがない

27: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/28(金) 17:36:54 ID:XmsMv43/.net
30年の安定した治世を築いた7代当主畠山義総でさえも、守護代を通じた間接支配体制であった。
義綱専制時代は能登畠山氏の治世170年間の中で唯一強力な大名直接支配体制を実現した期間であった。その意味でも畠山義綱の行動と功績はもっと評価されていいだろう。

28: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/29(土) 10:58:11 ID:p0q+4TVT.net
その期間は何年ぐらいなの?

29: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/08/01(火) 15:16:22 ID:PepjP9zi.net
永禄三年~永禄九年ぐらいじゃないかな

32: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/08/11(金) 16:18:46 ID:1aTlNDhh.net
この権力の所在がねじくれた感じがたまらん
能登かわいいよ能登

33: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/08/11(金) 16:27:50 ID:nnFNLocG.net
ネームバリューだけはいっちょまえの、畠山さん

越前・尾張の斯波さんは同等もしくはもっと名門だから、家臣、国人の考え方の考え方の違いかな

34: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/08/18(金) 16:11:42 ID:NpIkDzPc.net
河内と能登
両方の守護代は遊佐氏ぐらいかな?

36: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/08/29(火) 13:25:58 ID:eoGtQWJg.net
能登畠山氏の在国って、文明六年(1474)から
滅亡まで約百年

39: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/08(金) 05:32:40 ID:tMbnsCgp.net
>>36
名君畠山満慶の代だからそれより70年前だろ

37: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/01(金) 00:20:57 ID:jJwJxkQ3.net
工房の頃に三管領(細川、斯波、畠山)四職(京極、山名、赤松、一色)
って習ったっけ。

戦国時代では揃って負け組だがw
勝ち組は和泉細川(幽斎、忠興)だけか。

38: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/01(金) 14:27:13 ID:PmqO7y/o.net
>>37
京極高次がいます、強運な人

畠山は斯波よりは、若干活躍した程度かな

40: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/09(土) 14:19:52 ID:0wDa9DoC.net
満慶は確かに、兄の満家に家督と紀伊、越中、河内の守護を譲り、
能登一国の守護のみになった人物ですね

ただ、応永十七年~応永十九年、応永二十八年~永享元年の二度、約十年間管領をつとめるほどの人物でうから
在国はしていないでしょう

44: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/01/02(火) 10:18:21 ID:5bNQmXLb.net
祖父・義総の時に義続を管領畠山家に入嗣させる機会があったらしいね。
これが実現していれば、畠山家が統一され面白い展開もあっただろうに。

52: 人間七七四年 2007/04/27(金) 11:35:11 ID:peIHCS8N.net
>>44
義総は神保や一向一揆との戦いに明け暮れた人物
義続の宗家相続は義総の死で白紙になったのかな

45: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/02/10(土) 08:23:51 ID:yGbDfRte.net
能登畠山家は誰が当主か分からないほど、権力構造が複雑だな。
関東軍並みに実質的下克上が起きてるし。

46: 人間七七四年 2007/02/16(金) 10:06:55 ID:y5Zf/MVW.net
ドロドロとした人間関係があるイメージ

47: 人間七七四年 2007/03/08(木) 13:41:19 ID:6i6MjiL9.net
遊佐とか温井とか宗家にも能登にもいる一族が いつも争っているイメージ
長は能登しかいないけど

48: 人間七七四年 2007/03/29(木) 20:25:40 ID:BPXv4s+H.net
家臣団、見事に分裂w

長氏:織田家
遊佐氏:上杉家
温井氏:一向一揆

49: 人間七七四年 2007/04/03(火) 06:53:05 ID:dZQ75gSl.net
で、結局「畠山七人衆」って誰がメンバーなんだよ
モー娘。みたいに追加・卒業・代替わりとかあったの?

50: 人間七七四年 2007/04/04(水) 10:13:21 ID:cbg5soKx.net
七人衆はわからないが
遊佐、神保、平、誉田が四臣
温井、三宅、甲斐庄、伊丹が四家、ここまでで合わせて八臣
これに次ぐ、昵近衆(御屋形衆とも)が天野、松波、河野、神保、三宅、笠松、士田、得田、誉田
と手持ちのある本には書いてあった

八臣と昵近衆に重複がみられるけれども

51: 人間七七四年 2007/04/04(水) 13:03:22 ID:cbg5soKx.net
おっと義続から義綱の頃の七人の重臣のことなら、

温井総貞、長続連、三宅総広、平総知、伊丹続堅、遊佐宗円、遊佐続光になってます
同じ本で

53: 人間七七四年 2007/05/18(金) 14:16:55 ID:RKsBLI8T.net
やはり神保の自立が能登畠山にとって最大の痛手
応仁の乱での宗家分裂のせいなんだけどね

60: 人間七七四年 2007/05/21(月) 14:36:35 ID:bhb8o2gg.net
>>53
越中神保は宗家被官だから、基本的に能登畠山とは関わらないんじゃ?

54: 人間七七四年 2007/05/19(土) 12:00:42 ID:NB8Iiw5u.net
長連龍もここで語るの?

55: 人間七七四年 2007/05/20(日) 20:46:08 ID:7nqzpc0M.net
>>54
詳しいなら、語ってよ。

64: 人間七七四年 2007/07/17(火) 04:11:12 ID:sLZBSMg4.net
前田家に残った長氏は客分として、高禄を占めてたらしいね。

65: 人間七七四年 2007/07/18(水) 13:48:14 ID:nxiKYl/E.net
ながうじ じゃなく ちょうし か
三万三千石だね

72: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2007/07/29(日) 13:43:01 ID:k88iUtu/.net
曲直瀬道三に医術を伝授されたので、大名としては家康を押さえて、ナンバーワンの知識を持っている筈。

74: 人間七七四年 2007/07/30(月) 06:47:54 ID:cGWEWXjo.net
嫁の実家・六角家での亡命生活はどんな感じだったんだろ?
忠臣とかは出奔して、近江まで付き従ったんだろうか。

75: 人間七七四年 2007/08/12(日) 00:04:53 ID:Uu4j0dFB.net
畠山はなぞだらけだな

77: 人間七七四年 2007/09/03(月) 17:40:40 ID:tv+Ikwxu.net
親父の義続は優秀だったのに、この方は(ry

78: 人間七七四年 2007/09/03(月) 20:30:07 ID:44qlJOca.net
能登に忠臣などおらんわ

79: 人間七七四年 2007/09/03(月) 22:48:43 ID:rNdFqjz5.net
七尾城の収容能力以上の人員抱えちゃって屎尿処理の不手際から細菌が蔓延して死亡したのはこの人か?

80: 人間七七四年 2007/09/03(月) 23:20:46 ID:tv+Ikwxu.net

81: 人間七七四年 2007/09/04(火) 01:14:05 ID:N+hTht5V.net
三管領(細川、斯波、畠山)四職(京極、山名、赤松、一色) 国司三家(姉小路、一条、北畠)

戦国乱世で朽ちていった名家達・・・

85: 人間七七四年 2007/11/02(金) 16:22:14 ID:UcT+vv+M.net
上条政繁は義綱の弟なんだね。
でもって子孫は幕府の高家が2家(3120石と1490石)と上杉家臣(250石)。

87: 人間七七四年 2007/11/03(土) 23:09:04 ID:fhdA+i62.net
>>85
謙信の人質→謙信の養子→上条家の養子→後に出奔して畠山に復姓、って流れかな?
実に波瀾万丈な人生だな。

86: 人間七七四年 2007/11/03(土) 14:43:31 ID:GltqNR0U.net
畠山氏は足利一門の名家であり、上杉家と同じく
足利将軍家・鎌倉公方家に娘を嫁がせている
上杉の名跡を継ぐ資格はある。

88: 人間七七四年 2007/11/17(土) 15:18:13 ID:FC7n2tI6.net
神保氏張も実はこの方の息子なんだ

90: 人間七七四年 2007/12/06(木) 22:51:34 ID:xWC20HgZ.net
>>90
だから資格があるって言ってるんじゃないの?

92: 人間七七四年 2007/12/06(木) 22:59:14 ID:00IhA3Yt.net
籠城中に糞尿から疫病に感染→死去

93: 人間七七四年 2007/12/12(水) 08:26:17 ID:ak0k6JHW.net
大槻・一宮の合戦で遊佐側についた人間やその一族は、やはり遊佐について越後に逃げて行ったんだろうか。

96: 人間七七四年 2007/12/13(木) 17:00:40 ID:al0IiiUL.net
>>93
手持ちの本には越前に逃れたことになっているが、越後とか加賀とか諸説あるのかな?

97: 人間七七四年 2007/12/13(木) 19:40:07 ID:E2QhmTja.net
俺もちょっと調べたら色々な説をみたな
越後、越前、越中、加賀、どれが当たりなんだか…

一番数が多かったのは越後だけど

98: 人間七七四年 2007/12/13(木) 19:47:00 ID:E2QhmTja.net
その一例。

遊佐続光

ゆさつぐみつ

?~1581

畠山氏→上杉氏→織田氏

(美作守)能登国畠山氏の重臣。珠州郡の土豪。畠山七人衆の一人。天文23年(1554)、温井紹春との抗争に敗れて越後に走り、ついで能登侵攻を企てたが敗れ越前に逃れた。弘治元年(1555)、畠山義綱によって紹春が殺害されると能登に復帰し年寄衆に列した。



ちなみにウィキペディアでは加賀に逃げたことになってるね

103: 人間七七四年 2007/12/26(水) 20:01:41 ID:t8hdtpGm.net
長家はズルいというかうまいというか気の毒というか複雑な家系だな

104: 人間七七四年 2007/12/28(金) 07:50:51 ID:eef6GvS9.net
畠山七人衆はガチ最強.

105: たられば君 2007/12/28(金) 11:17:31 ID:uaFvccNT.net
七家が同じ方角を向いていたならね・・・

106: 人間七七四年 2007/12/28(金) 12:14:31 ID:5J8gGs+r.net
7人しかいないのに3パターンくらい考え方があるからな

108: 人間七七四年 2008/01/17(木) 04:35:50 ID:HFRi4HHU.net
とんでもねぇ奸臣ばかりのクセにみんな主君の偏諱を使っているところが泣かせるw

親織田派・親本願寺派・親上杉派。
本願寺派の連中はやはり一向門徒だったのだろうか。
能登畠山氏は比較的後半は一向宗に好意的なのか。協力関係になってるよな。
本願寺と婚姻関係もあるみたいだし。家臣に一向門徒も結構いるのかね。
ま、お互いに織田家に対して「敵の敵」という感覚なのかもしれんが。
長家家譜によれば上杉家が侵攻してきた時も七尾の要請で能登国内の一向宗が上杉勢に襲いかかってるしな。

ところで、平尭知って前田家が入府後、遊佐やら温井と一緒に逐電したらしいが。
越後に逃れたという説もあるみたいだけど。
羽咋で江戸時代に大庄屋をやっていた平氏は何者?
越後に逃げたなら平尭知の子孫ではないのか。
まぁ一族は当然たくさんいただろうからそのうちのひとつなのかね。あの豪農は。

109: 人間七七四年 2008/02/05(火) 15:59:11 ID:e1pDVLib.net
蓮如の最後の室蓮能が、畠山一族の大隅家俊の姉、と言われるね

110: 人間七七四年 2008/02/25(月) 15:59:21 ID:pyPTTLo/.net
畠山家俊って一族らしいけど系譜は不明なんだ。

126: 人間七七四年 2008/07/22(火) 18:32:21 ID:dC/vg9eZ.net
義綱一人だけ見ても地味だけど
家中全体を見てみるととたんに面白くなるね
ということでage

義綱の方は時代に見合った君主専制、
七人衆の方は合議制ということらしいけど
それぞれどんな意図や展望があったんだろう

127: 人間七七四年 2008/08/09(土) 15:15:58 ID:2hr+2Rs+.net
義綱の願望は領主権の確立だろな。

131: 人間七七四年 2008/08/28(木) 04:15:32 ID:O/sOkD9k.net
畠山家って日本海貿易の重要拠点で
神保と上杉の調停役やったりと活躍してたんだけどなぁ。

133: 人間七七四年 2008/09/04(木) 18:46:43 ID:DtwLKbPt.net
温井総貞は戦は得意だが知能は低劣

134: 人間七七四年 2008/09/04(木) 18:48:44 ID:DtwLKbPt.net
長続連は勝ち組

135: 人間七七四年 2008/09/04(木) 19:03:01 ID:DtwLKbPt.net
結論:弘治の内乱で勝ち、総貞を省いた事により義続の権利を固めたのに何で義続は無能杉

137: 奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM 2008/09/05(金) 00:05:55 ID:nMN/uNo7.net
最終的によそ者だったんだろうな。

146: 人間七七四年 2008/11/22(土) 14:31:20 ID:/HuUjrDj.net
この家は完全に滅亡したんだっけ?

147: 人間七七四年 2008/11/23(日) 11:03:15 ID:4ob5vT2A.net
幕府高家旗本として残った

148: 人間七七四年 2008/12/01(月) 15:38:32 ID:SfUz80Qk.net
>>147
上杉謙信の養子になってた上条政繁の系統だっけ?

149: 人間七七四年 2008/12/11(木) 10:39:48 ID:aw1QeX+9.net
義綱の弟で謙信の養子になった上条政繁の血筋とも
七尾落城後謙信に引き取られ謙信死後血縁の政繁の養子となった
畠山誰かさんの遺児(義春。春王丸の弟?春王丸本人という説も)の血筋とも。
謙信の北条景広宛書状に「畠山未亡人と結婚しませんか?息子は私が養子にします」と。
政繁と義春が混同されているためどっちがどっちやら。

150: 人間七七四年 2008/12/11(木) 12:40:51 ID:pNWg9+bV.net
まったくだ、義春=政繁だと超長寿になる

151: 人間七七四年 2008/12/27(土) 15:07:48 ID:lF5rFVKK.net
春王丸の方が義春より生年が後じゃ。

152: 人間七七四年 2008/12/28(日) 02:07:16 ID:+Sg/7Pwo.net
政繁が直江兼続を奉行として差し置いてほしいと要求したのを
景勝が断った際、ねばる政繁について、「五郎殿」なる人物に
政繁を説得するよう頼んでるが、此の人が義春(謙信が能登から
連れ帰った畠山氏)らしい

153: 人間七七四年 2009/01/03(土) 04:01:09 ID:Ib27/0TL.net
謙信が七尾から連れ帰った畠山の子(=義春?)は
謙信が「義高息子」と言っているので
素直に春王丸の弟と見るべきだと思う。
景勝の姉(妹?)を妻にしたのは政繁で、
義春は政繁の養子、
兄弟とされる畠山景広、上条長員、畠山義真は
政繁の子と義春の子が混ざってるんじゃないか?

154: 人間七七四年 2009/01/12(月) 22:25:41 ID:rCdpXqpb.net
そこらへん、よくわからんよな
はっきりしてほしい

155: 人間七七四年 2009/01/12(月) 23:38:37 ID:0UJQuq/G.net
最新のウィキだと政繁は畠山出身の上条後継、
謙信とは縁組なし。
畠山義春は謙信養子を経て上条政繁養子となってるみたいだね。

156: 人間七七四年 2009/01/13(火) 15:18:04 ID:/b+mKlTE.net
義春が七尾から連れ帰った畠山の子とすると
やっぱり景勝妹とはかなり年齢差がある事になると思うんだけど。
景勝妹(次姉という説も)と結婚したのは上条政繁じゃね。

157: 人間七七四年 2009/01/15(木) 11:23:57 ID:1DTupkxm.net
しかし安土桃山~江戸前期の人なのに、ここまで人物混同が激しい人も珍しい

158: 人間七七四年 2009/01/15(木) 12:16:11 ID:xTAEpp6s.net
政繁の没年は97歳なんだっけ?
これも親子二代が混同されてるとか、そんなオチだったりするんだろうか?

159: 人間七七四年 2009/01/17(土) 13:15:40 ID:ZybphcdS.net
ちなみに畠山は、名門守護なのに歴代の正室も不明なんだよな

162: 人間七七四年 2009/02/10(火) 20:44:12 ID:uETbRdmj.net
高家として残った分、赤松よりはマシかもな

>>159
そう、名門なのに婚姻関係の記録も無く、さびしい

164: 人間七七四年 2009/02/11(水) 23:21:40 ID:VnUc18je.net
義綱あたりだと記録もあるね。満慶~義続あたりまでは正室一切不明だね

165: 人間七七四年 2009/02/27(金) 15:10:22 ID:NEo69Bip.net
高家として残ったなら 記録ありそうなもんだけど。

166: 人間七七四年 2009/03/03(火) 02:35:34 ID:5yDMcJlz.net
>>165
能登系は上条宜順、義春の事績もごっちゃになっているという指摘も
あるし、かなり錯綜しているんだよね・・。

173: 人間七七四年 2009/05/31(日) 18:32:19 ID:LilJ/f3T.net
939 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/29(木) 00:06:29 ID:DzlSjAzn
これまで肖像画が武田信玄の物と思われていたが実はこの人の絵ではないかと言われる畠山義続。

彼は大変な好色家であった。
彼は家臣の娘らを集め、「女もいざという時のため乗馬くらい出来ねばならん。」
と言ってお馬責めなる遊びを行っていた。
これは怖がる少女を無理矢理馬に乗せ、尻を叩いて走らせるというもので、
少女はたちまち落馬し、着物の裾がまくれ上がって陰部が丸見えになった。
義続はこの様子を眺めては悦に入っていた。
そんな中、まったく落馬せず見事に馬を乗りこなす女がいた。遊佐続光の娘である。
気になった義続は遊佐に娘を差し出すように要求したが拒否される。
そこで義続は遊佐に使いを命じ、留守の間に家へ立ち入って父の許可を取っていると偽って娘を手篭めにしてしまった。
しかもその娘は陰部に毛が生えておらず、桃のような性器で、すっかり気に入った義続は四六時中娘の性器を眺めていた。

これに激怒して謀反を起こした遊佐続光を撃退した温井景長が替わって重臣の座に就いた。
義続はある時、沐浴をしている女を目撃した。その余りに美しい裸体にすっかり惚れ込んだ。
その娘は誰かと訊ねると、弟の畠山義則の妻という。
義続は弟に妻を差し出せと命じた。一旦は了承するものの、すっかり主君に愛想を尽かせていた温井景長に、
承諾する必要は無いと言われ尤もだと思い拒否した。
激怒した義続が軍を派遣しようとすると、城門の外にいたのは温井景長の精強な軍勢であった。
たちまち義続軍は蹴散らされ、畠山義続はどこへともなく追放されてしまった。

177: 人間七七四年 2009/07/05(日) 16:14:42 ID:rYIb2A3H.net
>>173
南条範夫の「古城物語」にそういう話が載ってたな。

213: 人間七七四年 2013/03/15(金) 00:48:31.96 ID:ZKsXqXnL.net
>>177
書いてたけど、義続と義綱は兄弟じゃなくて父子だし、
義綱が家督継ぐ前に小場家という家を継いでいたという史実もないので
なんだかなーとおもいつつ古城物語を読んでいた。

207: 人間七七四年 2012/01/17(火) 17:23:12.00 ID:AiQGXlmk.net
祖父の義総、父の義続はなかなかの人物だったのに(´・ω・`)

208: 人間七七四年 2012/02/28(火) 21:20:20.58 ID:H5IW6Tej.net
義綱もナカナカの人物だと思うけどな

212: 人間七七四年 2013/03/13(水) 01:41:32.84 ID:VrLVywI7.net
兄の畠山義綱は、子に先立たれ返り咲くこともなく失意のうちに死亡
弟の畠山義春は、上杉謙信の養子となったあと波乱万丈な人生をおくり、最終的には幕府旗本から高家に
いったいどこで差がついたのか…

214: 人間七七四年 2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:ubIizJw7.net
>>212
慢心、環境の違い

スポンサーサイト



| 日本史・戦国 | 23:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑





COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT